Windows 10は好印象!:YOGA Tablet 2-10 Windowsレビュー(23)

このエントリーを書くためにWindows 10を使っています。よく作り込まれており、非常に好印象でリリースが楽しみです。

分かりやすくなった

これまでのWindowsは、同じことでも方法が何通りもあるなど、一本筋が通った印象はありませんが、Windows 10にはこれを感じます。これには、Surfaceも重要な役割を持っているはずです。たとえば、開発中に判断に迷った時は「Surfaceだったら?」と問いかけて、利用シーンを明確にして開発されて印象です。開発側はそうでなくても、使う側には、こう使って欲しいという考えが明確に伝わって来ます。

まだ、最適化の余地を残しているのか…

Windows 10をインストールしたYOGA Tablet 2-10は、独自ハードウエアが少ないのか動作不良になる部分が少ないのも好印象の要因です。一点気になるとすれば、スリープを何度か繰り替えていると表示が遅くなっていく現象です。日本語入力をしていると、しだいに追従しなくなるので如実に分かります。これは、グラフィックドライバーが原因で発生しているのか分かりませんが、再起動することで解消します。

タッチパッドは、随分良くなった

よくなった部分もあります。
タッチパッドの使い心地がイマイチだったので、気になっている方も多いと思います。Windows 8.1の頃と比較すると、二本指を使ったスクロールの追従性が良くなtりました。これまでは、なめらにスクロールするワケではなく行単位でスクロールしていましたが、Windows 10では滑らかにスクロールするようになり、気持ち良く操作できるようになりました。

シェアする

関連記事一覧