1ヶ月使った感想をまとめておくよ:キングジム ポメラDM100レビュー

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ポメラを使い始めて1ヶ月が経過するので、現在の印象をまとめておきます。

スポンサーリンク

ポメラの良いところ

書くことに集中できる

最も気に入っているのは書く作業に集中できることです。
Macを使ってブログや原稿を書いている時は、集中できるエディターなど使って、他に気を取られないような工夫をしていますが、やはり無理でFacebookやTwitterなどを見てしまいます。

この点でポメラは優秀で、ネットには接続できませんし通知も来ないので、おのずと書くことに集中できます。集中力散漫になりがちな私にとっては、ハードウエア版の書くことに集中できるエディターと言えます。

適切なサイズ

適切なサイズ感であるところも気に入っています。
たとえば、飛行機や電車の中でも気軽に取りだして使えます。たとえば、これ以上大きいと大げさな感じになりますし、ノートPCを使おうという気持ちになってしまいます。また、専用ケースに入れた状態で重さが516gなので、気軽に持ち運ぶことができます。ポケットへ入れてとはいきませんが、鞄の中へ入れっぱなしにしておいても負担になる重さではありません。

IMG_1061.JPG

電池が良く持つ

電池がよく持つところも気にっています。
使い始めてから未だに電池を交換していません。こうしたガジェットは、常に使うワケではないので、使いたいという時に使えることがポイントです。この点では、ポメラは優秀で電池の心配はありません。

ポメラの悪いところ

Macとのやりとりが面倒

書き上げたテキストをMacとやりとりするのが面倒です。
BluetoothでMacとファイル交換をするのですが、ポメラからMacへの転送はうまく行き、Macからポメラへの転送が失敗することがあって安定しない印象です。テキストを頻繁にいききする使い方をする時は面倒です。

東芝のFlashAirを使ってDropbox経由で同期する環境を構築している強者もいるようですが、電池の持ちが悪くなるようなので続くべきか躊躇しているところです。

FlashAir Developers - ドキュメント - APIガイド - Lua機能
FlashAir開発者向けサイトのAPIガイドのページです。FlashAirは、無線LAN機能を内蔵した東芝社製のSDHC/SDXCメモリカードです。

文字コード問題も

もうひとつ、文字コードの問題です。
ポメラは文字コードがシフトJISで、改行コードがCRLFです。ポメラで書いたテキストをMacで編集する時は、これらを合わせてやれば良いのですが、文字コードがUTF8と改行コードがLFでしか出力できないアプリで編集してしまうと、ひと手間かけて変換してやる必要があります。

文字コードに関しては、Windowsユーザーは気にする必要がないかもしれません。文字コードや改行コードの変換ロジックは、やり尽くされたものですし、CPUパワーが必要になるワケではないので、ポメラ側でも実装されていても良いはずです。

最良の文具

なんだかんだ言っても気に入って使っています。

調べものをしながら使うような場合には向きませんが、書きたいテーマが決まっている時に使うには最良の文具として活躍しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

関連記事一覧