凄いぞ!Dash Charge:OnePlus 3レビュー

OnePlus 3の特徴の中に、Dahsg Chargeと呼ぶ急速充電の仕組みがあり、充電の開始から30分で63%まで充電できるのがウリです。さっそく、どんな代物なのか使ってみました。

スポンサーリンク

スペック通りの動き

充電を開始した時の時間は20:25でバッテリーの残量が19%です。

Screenshot_20160808-202519
20:50に確認してみると67%まで充電されています。25分間で48%を充電したことになります。

Screenshot_20160808-205006
21:31に確認してみると100%まで充電されました。ここまで65分の時間がかかりましたが、80%を超えたあたりから、ACアダプタが熱を持たないようになったので、これくらいから通常充電に切り替わっているのかもしれません。

Screenshot_20160808-213111

充電開始から24分で48%充電できているので、これから推測すると30分間で63%まで充電するのは、大袈裟な話ではないのかもしれません。この間は、ACアダプタが結構な熱を持っているので、急速充電中であることが分かります。

Dash Charge中は、待受画面には「Dash Charging」と表示されるのと、ステータスバーの電池アイコンが稲妻に変わります。通常充電は、待受画面には「充電中」の表示と電池アイコンの中に稲妻アイコンが表示されます。

IMGP1805.JPG

Dash Chargeには専用充電機とケーブルを使う

Dash Chargeの検証には、付属のACアダプタとケーブルを使いました。
これの出力は5V 4Aです。高速充電を謳うACアダプタが5V 2.4Vなので、大きな電流が流れいることになります。このためかACアダプタは大柄です。

IMGP1808.JPG

充電には付属のUSB Type-Cのケーブルを使いました。充電中はケーブルが熱くなることもなく安心して使えましたが、付属品以外を使うと熱を持つかもしれません。試しに、手持ちのType-Cのケーブルを使ってみましたが、Dash Chargeにはならず通常充電になりました。

画期的だよコレ

たとえば、前日の晩に充電し忘れたことを翌朝気付いても、出かける支度している間にDash Chargeを使えば、ひとまず使える状態になるので画期的です。

早く充電される分には何も問題はなく、これが当然になると他が遅いと感じます。今後、こうした急速充電が当たり前になる可能性十分に考えられます。

スポンサーリンク

シェアする

関連記事一覧