iPhone 7は変わってないのか?次の動きが見えるかも

私は林檎信者です。重要なことなので、最初に書いておきます。(笑)

先日のひとコマです。iPhone 6を使っている人に「iPhone 7予約したの?」と聞いたところ、

たいして、変わってないので買う予定がない

との答え。この場では「そうなの」程度で会話は終わりました。

これまで端末デザインは、2世代サイクルで変わっていましたが、iPhone 6のデザインが踏襲されており、iPhone 7で3世代目になるので、確かに見た目は変わっていません。

変わっていないのは見た目だけ

しかし、変わっていないのは見た目だけです。

たとえば、Plusでない端末にもリアカメラには光学手ぶれ補正が搭載されることになり、F1.8の明るいレンズが使われています。また、日本市場では目新しさはありませんが、防水やFeliCaも生活する中でのiPhoneの位置づけが変わる要素で、変化しているところはあります。

それでも変わっていないと感じてしまうのは、いまのAppleに対して感じることを、新製品に投影しているのかもしれません。

iPhone 7から次の動きが見える

スマホに関しては、Appleは追う立場ではなく追われる立場です。

これまでのように、分かりやすいキャラクター付けをするために、何かを削ぎとるような割り切った製品造りはせず、外すことのない全包囲網の製品造りが主流となるはずです。

また、破竹の勢いだった頃のような戦略は、今後も取るようなことはなく、横綱相撲をする、悪い言い方をすれば後出しの戦略をとるはずです。これは、iPhone 7にも現れているように感じます。

Appleは、明確なメッセージを出していませんが、新たなステージを見据えているのか、これまでの自分達を否定して変わろうとしているように見えます。これだけ大きな会社になっても変わろうとする動き見せるAppleはすごい会社です。ジョブズの頃とはアプローチは違いますが、そのスピリッツは受け継がれているようにもみえます。

こうしてみると、iPhone 7がターニングポイントとなる製品で、後々語られる時に必ず出てくる端末になるかもしれません。

シェアする

関連記事一覧