XPERIA Earを1日使った印象をまとめておくよ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

XPERIA Earをみっちり1日使ったので、その印象をまとめておきます。

まいどのことですが、1日使った印象の動画も撮影してYouTubeに公開しています。
よろしければ、モチベーションアップのために、チャンネル登録といいね評価をお願いします。

スポンサーリンク

長時間着けていると耳が痛い

耳から落ちるのを嫌って、一番大きいLサイズのアークサーポーターで使ったのですが、1時間くらい使ってみるとサークサポーターが耳に当たって、ジワジワと痛みを感じるようになりました。

IMGP2141

翌日、Mサイズのアークサポーターに変えて使ってみたところ、バッテリーが無くなるまで使っても耳が痛くなりませんでした。ただ、Lサイズと比較するとフィット感がないので、何かの拍子に外れてしい注意しながら使う必要があります。

音声通話品質

XPERIA Earは音声通話もできます。これから聞こえる音は非常にクリアで聴く方は問題ありません。

ただ、マイクの感度がイマイチで、相手には小さな音で伝わるのか聞き返されることが多くあります。意識して大きめの声で話せば聞き返されることはないので、通話に使う時に意識して使う必要があります。ただ、同じくらいサイズのヘッドセットは、どれも同じような物なので、XPERIA Earだけの特性というワケではありません。

IMGP2163

XPERIA Earは通知などの情報も得られるの終始身に着けているので、電話を身に着けているような印象で使えそうです。

Bluetoothの接続品質

スマホとの接続はBluetoothです。途切れることもなく安定して使えます。また、再接続にも失敗したことがないので安心して使えます。

愛用しているEarinは、Bluetoothまわりのトラブルが多くて、スマホと接続できない時は、うんともすんとも言わず、最悪端末を再起動することがあります。

もうひとつ気に入って使っているSoundPEATS D3は、Earinほど神経質な感じはありませんが、それでも使っていると音が途切れることがあります。



気の効いた仕掛けがたくさん

ポッドキャスト再生中にイヤホンを外すと再生を停止します。これで、着け直した時に再生されると、より使い易いのですが、ここまで気を効かせてくれません。

スマホの通知は、音声エージェントが読み上げてくれます。
これが読み上げ途中でもイヤホンのボタンを押すとスキップされて、次の通知を読み上げてくれて次がなければ終了します。音声を使った情報伝達は、時間軸に沿ってしか伝わらないので、ユーザーの操作を尊重する造りになっているのは素晴らしいです。

他、バッテリーが少なくなると、音声で残量が少ないことを案内します。
Bluetoothイヤホンは、ビープ音で知らせる物がありますが、より分かりやすくなります。

あるべき姿を考える機会が得られる

XPERIA Earは、身に着けるイヤホン『イヤラブル(Earable)』のカテゴリに属する製品です。聞き慣れない言葉ですが、イヤホンやヘッドフォンにコンピュータを仕込み、これが独立して動作して音声で情報などを知らせてくれるというものです。

New photo added to gallery

たとえば、XPERIA Earでは、耳に着けると予定や通知、ニュースなどを読み上げてくます。
着け時に通知がなくても、いまの時間とニュースのタイトルを3本読み上げてくれます。これが邪魔になることなく、耳から情報が得られるので気に入っています。

コンピュータで情報を得るには、操作をする必要があります。
XPERIA Earは、情報が得る機会をイヤホンを着ける動作に加えており、自ら操作する必要がないのは素晴らしいことです。

コンピュータは脇役であるべきなので、人とコンピュータの関係はこうであるべきです。
ソニーには、こうしたあるべき姿を考えている人達が居て、XPERIA Earを生み出したのかもしれません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

関連記事一覧