GPD WINのファームウェアアップデート手順をまとめておくよ(11/29追記)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

GPD WINのFirmwareをアップデートしました。検討されている方もいるはずなので手順をまとめておきます。

11月29日追記
Firmwareをアップデートしたその後をまとめました。電源回りの問題が解決しているようにも思えます。

電源回りの問題は解決?:GPD WIN Firmwareアップデートしたその後
電源回りの問題は解決?:GPD WIN Firmwareアップデートしたその後
GPD WINのファームウェアをアップデート後の状況をまとめておきます。 確認している問題 Twitterなどを見ていると、ボタンが動作しないなど初期不良に当たっている方もいるようですが、私は電源回りで以下の問題を認...
スポンサーリンク

0.はじめに

皆に当てはまることか分かりませんが、私の場合はFirmwareアップデート後は、Windows 10が再インストールとなって環境を再構築する必要がありました。アップデートを検討されている方は覚悟してください。

1.Firmwareのダウンロード

Firmwareは、MEGAと言うファイル共有サービスを使って配布されています。

MEGA
MEGA provides free cloud storage with convenient and powerful always-on privacy. Claim your free 50GB now!

このサービスは少し厄介で、無料アカウントのユーザーは、1回のセッション辺りのファイル転送量が限られています。1回の転送が終わると数時間待たされます。(私は8時間待つのを確認しました)有料アカウントとして登録すれば制限は無くなります。

2016-11-18 23.48.08

私は、無料アカウントでダウンロードしたので、週末の間、MacのChromeを起動しっぱなしにして辛抱強くダウンロードしました。

ダウンロードするファイルは2つあり、合計すると6GB近いファイルになるのでGPD WINでダウンロードするのは避けました。

2.ファイルの解凍

ファイルがダウンロードできたら解凍します。

配布ファイルは、RARで圧縮されていて2つに分かれています。私が使ったのは、Mac用の「The Unarchiver」です。

The Unarchiver を Mac App Store で
「The Unarchiver」のレビューをチェック、カスタマー評価を比較、スクリーンショットを確認、詳細情報を入手。Mac OS X 10.6.0かまたはそれ以降対応の The Unarchiver をダウンロードして Mac で利用。

このアプリはファイルが2分割されていても、最初のファイルを解凍すると、ふたつ目も解凍するので手間いらずです。ファイルを解凍すると7.8GB近いファイル群が出来上がります。

IMGP2138

これを8GB以上のUSBメモリに保存するのですが、2点注意が必要です。

  • USBメモリがNTFSでフォーマットされていること
  • ディスク名が「WINPE」であること

USBメモリは、FATでフォーマットされているので再フォーマットが必要です。MacはNTFSでフォーマットできないので、GPD WINを使ってフォーマットしました。

他、アップデートするには、バッテリーが50%以上充電されている必要があります。トラブルを避けるためにも辛抱強く充電します。

3.アップデートを開始

GPD WINのUSBポートにメモリカードを差し込みます。私はType AのUSBメモリを使いましたが、Type CのUSBメモリが使えるかはかは確認していません。

一旦、GPD WINの電源を切ってから、再度、電源を入れて「fn F7」を同時に押してを起動します。すると、ブートメニューが表示されます。接続されているディスク一覧が表示されるので「UEFI:XXX, Partition 1」が先のUSBメモリになるので、これを選択してエンターキーを押します。

アップデート処理が始まれば、上手く終わることを願いながら見守るだけです。アップデート処理は20分くらいの時間がかかっていたはずです。アップデートが終了すると、自動で再起動されます。

IMGP2121

アップデート後、Windowsが起動するとツールが起動しているので、これは気にすることなくクローズします。

IMGP2122

最後、デスクトップにあるクリーニングツール「Cleanup Test Tool」を実行します。

IMGP2123

これでアップデートは終了なので、USBメモリを抜いてGPD WINを再起動します。

4.アップデート後の動作状況

変更情報がないので間違っている可能性はありますが、電源回りの挙動が安定したように感じています。

これまでは、スリープ中にいつのまにか電源が落ちているので、BIOSのAdvanced->PPM ConfigurationにあるMax CPU C-stateを「C6」に設定していましたが、これを「C7」に設定しても怪しい挙動はないようです。

他、気付いた点で言えば再起動できないのは変わりません。

これ以外でも、これを検証してみれくれとかあればコメントください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

関連記事一覧