キーリピートが効かないよぉ…:GPD WINでキーリピートを有効にする方法

最初からなのか、何処かのタイミングなのか分かりませんが、GPD WINでキーリピートが効かなくなってしまいました。テキスト入力時、とくに編集がしづらい状態です。

YOGA Tablet 2010でも同じことがあって、レジストリの値を変更することで解決するは分かっているので早速実行してみました。

キーリピートの変更方法

レジストリエディタを起動する

レジストリエディタを起動します。レジストリエディターの起動は、Cortanaに「regedit」と入力すれば、起動できます。

SnapCrab_NoName_2016-12-3_9-34-30_No-00

パラメーターの確認と変更

レジストリエディターで以下のパスにアクセスします。

\HKEY_CURRENT_USER\Control Panel\Accessibility\Keyboard Response

キーリピートに関係するパラメーターは以下です。

  • AutoRepeatDelay
  • AutoRepeatRate
  • DelayBeforeAcceptance
  • Flags

SnapCrab_レジストリ エディター_2016-12-1_22-6-58_No-00

AutoRepeatDelay、AutoRepeatRate、DelayBeforeAcceptanceが「0」になっているためにキーリピートが効かないようです。

これらのパラメーターを以下のように変更します。

  • AutoRepeatDelay:1000
  • AutoRepeatRate:500
  • DelayBeforeAcceptance:1000
  • Flags:122

SnapCrab_レジストリ エディター_2016-12-1_22-8-12_No-00

変更値の反映と確認

変更した値を反映するのはレジストリエディターを終了して、GPD WINを再起動します。再起動後にキーリピートが有効になります。

確認は、メモ帳などを起動して、キーを押し続けた時に連続して入力されるか確認してください。

シェアする

関連記事一覧