みんなにオススメ:GDP WIN Joystickのファームウェアの導入方法をまとめておくよ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

GPD WINのジョイステックを改善するファームウェアが公開されました。

このファームウェアを導入すると、マウスモードとゲームパッドモードでのジョイステックの操作感が改善されます。

変更点は、以下になっています。

  • 【マウスモード】右ジョイステックでのマウス移動スピードを最適化
  • 【マウスモード】左ジョイステックでのスクロールの遅延時間を最適化
  • 【ゲームパッドモード】キーレスポンスの最適化

マウスモードは、劇的な改善でカーソル移動やスクロール操作が格段に使い易くなりました。
ゲームパッドモードでは、十字キーのレスポンスも良くなっているようです。いずれにしても、このファームウェアを導入しないという選択肢はないので導入方法をまとめておきます。

スポンサーリンク

ファームウェアのダウンロード

まずは、ファームウェアのダウンロードからです。以下がダウンロード先になります。

MEGA

配布ファイルはrarで圧縮されています。
GPD WINで直接ダウンロードしたので「8 Zip Lite」で解凍しました。8 Zip Liteは、ストアからダウンロードできます。

8 Zip Lite - unpack RAR, ZIP, 7z for free を購入 - Microsoft ストア 日本
Windows 10、Windows 8.1、Windows 10 Mobile、Windows Phone 8.1、Windows Holographic、Xbox One 向けの Microsoft ストアからこのアプリをダウンロードします。スクリーンショットを確認し、最新のカスタマー レビューを読んで、8 Zip...

アップデート手順

次にアップデートの手順です。

  1. GPD WINの電源をオフにします。
  2. キーボードの右端にあるR3キーを押したまま電源を入れます。
    IMGP2245

    R3キーは、Windowsの最初の画面が表示されるまで押し続けます。R3キーを押して起動するとジョイステックが無効になります。

  3. ログインした後、ジョイステックを動かして無効になっていることを確認します。
  4. 配布ファイルの「HJM1954M Updater V19 20161208.exe」を起動します。
    SnapCrab_GPD WIN Joystick Updating Manual_2016-12-10_11-51-51_No-00
  5. 私の環境では「Windows Smart Screen」が機能してアプリの実行をブロックします。
    SnapCrab_ _2016-12-10_11-52-40_No-00

    画面には「実行しない」しかありませんが、「詳細情報」をクリックするとアプリのファイル名と発行元が表示されて「実行」が表示されます。

    SnapCrab_ _2016-12-10_11-52-49_No-00
  6. 「実行」をクリックするとアプリが起動します。「Update Firmware」をクリックします。アップデート時間は1分もかかりません。
    SnapCrab_hjm1954M Game Controller Updater_2016-12-10_11-53-13_No-00
  7. アップデートが終了すると「Update Success!」のメッセージダイアログが表示されます。
    SnapCrab_OK_2016-12-10_11-53-24_No-00

    「OK」をクリックすると前の画面に戻るので「Update Firmware」がクリックできないことを確認します。

  8. GPD WINを再起動します。

以上でアップデートは終了します。

アップデート後の動作確認

マウススイッチをマウスモードに切り替えて、以下の動作確認を行います。

  • 右ステックを動かしてカーソルを移動中に、途中から加速するようになっている。これまでは、移動速度が変わらなかった。
  • 左ステックを動かしてスクロールする時、スクロール開始までのタメが短くなっている。これまでは、タメが長かったので画面を少しづつスクロールするような操作が難しかった。

皆さんにお勧め

ジョイステックの使い勝手が劇的に良くなります。
ファームウェアアップデートと言えば、尻込みする人もいるかもしれませんが、皆さんにお勧めしたいアップデートです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

関連記事一覧