年末・年始の旅行者必読:JALの2次元バーコード読み取り機はiPhone 7以外も読み取れません

スポンサーリンク
スポンサーリンク

久しぶりにiPhone 6s Plusを持ち出して出張に出たところ、ブログネタになるトラブルに運良く?遭遇したのでご紹介しておきます。

スポンサーリンク

2次元バーコードが読み取れない

私は、iPhone 6s Plusなのでセキュリティゲートを通る時は、いつもバーコードリーダーにバーコードを表示して読み取りを行います。

これはNFCにも対応しているようで、日本でApple Payが始まったタイミングなのか、この読み取り機に反応してApple Payアプリが起動して、バーコードが読み取れない問題が発生します。

JALも問題を認識しているようで、アナウンスページには対策方法が記載されています。

iPhone7での搭乗用2次元バーコード(国内線)読み取り不具合について

このページでは、iPhone 7シリーズとApple Watch Series 2を対象としていますが、NFCチップが搭載されているiPhone 6sも対象のようです。

バーコードが読み取れるかは、Apple Payアプリ起動するタイミングのようで、仮にセキュリティゲートの読み取り機で読み取れても、搭乗口の読み取り機で同じように読み取れるとは限りません。

私の場合は、セキュリティゲートは運良く通過できたので、搭乗口でも問題ないかもと楽観視して挑みましたが、全く読み取りされずでスタッフの手を患わせる結果になってしまいました。

いずれの方法もダメでした

搭乗口でスタッフに事情を説明すると、以下の方法を紹介してくれました。

  • バーコードのスクリーンショットを撮って、これをバーコードリーダーかざす
  • Walletアプリにパスを登録する

皆が飛行機に乗り込むのを横目に、スクリーンショットを試してみるものの、やはりApple Payアプリが起動して読み取れません。次に、Walletへのパス登録を試みますが、復路だった為かサイトには登録ボタンが表示されず登録できません。(行きは、セキュリティゲートの段階で諦めて発券してもらいました。)

こうなると、セキュリティゲートを通過した時に出力されるレシートとマイレージカードを使って、端末での照会が必要となるようで優先搭乗どころの話ではありません。私の場合は、最後の数名として飛行機に乗り込みました。若干冷ややか視線を感じつつも自席につきました。

まとめ

状況をまとめておきます。

  • iPhone 6s Plusでも、読み取り機にかざすとApple Payアプリが起動して読み取れない。
  • Walletに登録は、一度搭乗すると復路だけ登録するできない。
  • 運良くセキュリティゲートが通れても、搭乗口では読み取れない可能性がある。

これを前提に対策をあげておきます。

  • 空港カウンターで発券してもらう。
  • 事前にWallet経登録しておく。

JALカウントダウンアプリがバーコードと搭乗時間の管理を緒にできるので便利に使っていましたが、これは搭乗通知に使うだけで、チケットは先の方法での管理が必要になります。

そのうち改善されると思いますが、年末・年始に帰省や旅行で、思わぬところで引っかかる可能性があるので、iPhone 7, iPhone 6sシリーズをお使いの方は、事前に準備しておくことをオススメします。

さくら剛先生ならば「JALなんて二度と乗るかボケ」ってタイトルを付けるんですかね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

関連記事一覧