GPD WIN:ジョイステック用の新しいファームウェアがリリースされてますね

GPD WIN用のジョイステック用のファームウェアの新バージョンであるV22が1月10日にリリースされています。

V19のFWで劇的な改善が行われて、このあとでリリースされたV21は、レスポンスが改善されました。

今回のV22では、マウスモードの改善とされているので、どのような変化があったか確認してみます。

スポンサーリンク

ファームウェアのアップデートの手順

V22のファームウェアは、以下からダウンロードできます。

MEGA

ファームウェアのアップデート手順は、以前、エントリーとしてまとめています。V22でも手順は変わらないので参考してください。

みんなにオススメ:GDP WIN Joystickのファームウェアの導入方法をまとめておくよ
みんなにオススメ:GDP WIN Joystickのファームウェアの導入方法をまとめておくよ
GPD WINのジョイステックを改善するファームウェアが公開されました。 このファームウェアを導入すると、マウスモードとゲームパッドモードでのジョイステックの操作感が改善されます。 変更点は、以下になっていま...

V22のファームウェアを使った印象

V21とV22を比較すると、ジョイスティックを動かした時のマウスカーソルが移動量が変化しています。V21は移動量が大きく、V22は移動量が小さくなっています。

この動きは好みがあると思いますが、V21はジョイステックの動きに対して反応が過敏だと評価が悪かったのか、V22では動きがマイルドになっています。

私は、どちらでも良いという評価です。どちらが適正かと言えば、GPD WINは画面が狭いのでV22の方が適正なのかもしれません。

オマケ:GDP WINで使えるUSB Type Cケーブル

GDP WINは、USB Type Cのコネクタは、本体形状の関係でものによってはケーブルのコネクタが本体に干渉します。

たとえば、持ち運び用に短めのケーブルを選ぶ場合は、USB Type C側のコネクタ形状を見極めて選ぶ必要があります。

ABOATのUSB Type Cケーブルは、コネクタ部分に余計な飾りがなくスリムな造りなので、GPD WIN本体と干渉しません。

IMGP2309

IMGP2307

0.5m, 1.0m, 2.0mの3本セットで、価格はAmazonで価格は850円です。

私は、0.5mを持ち運びの充電用、2.0mを自宅の充電用として使っており重宝しています。

スポンサーリンク

シェアする

関連記事一覧