今回は大丈夫:Walletアプリを使えばあっさりJALに乗れたよ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

昨年末のブログで、JALの搭乗用2次元バーコード読み取り機がiPhone 7だけではなく、iPhone 6s PlusでもApple Playアプリが起動して、2次元バーコードの読み取りができないことをエントリーに以下に公開しました。

年末・年始の旅行者必読:JALの2次元バーコード読み取り機はiPhone 7以外も読み取れません
年末・年始の旅行者必読:JALの2次元バーコード読み取り機はiPhone 7以外も読み取れません
久しぶりにiPhone 6s Plusを持ち出して出張に出たところ、ブログネタになるトラブルに運良く?遭遇したのでご紹介しておきます。 2次元バーコードが読み取れない 私は、iPhone 6s Plusなのでセキュリ...

対策として、チケットをWalletアプリに登録して、これで2次元バーコードを表示すれば、読み取りがが行われると対策が公開されています。これは、iPhone 6sシリーズ向けではないのと、フォローも兼ねて問題がないか出張に合わせて確認してみました。

スポンサーリンク

読みたい項目へ移動する

あっさり過ぎて拍子抜け

前回の反省を踏まえて、往復のチケットをWalletに登録しておきます。

これまでは、JALアプリからWalletにチケットが登録できずに、Safariで登録する必要があったのですが、いつのまにかJALアプリが登録できるようになっていたので、少し便利になりました。

「JAL」アプリ(スマートフォンアプリ一覧) - JAL
国内線・国際線をタブで切り替え。急な出張でもその場ですばやく航空券をご予約・ご購入いただけます。「航空券+宿泊」から、JALダイナミックパッケージの予約も可能です。

セキュリティーゲートで、Walletアプリに登録している該当チケットを表示して、読み取り機にかざすと何事もなく読み取ります。前回のトラブルがウソのようです。

搭乗口のゲートも難なくクリアできました。前回は、搭乗口で待たされることになりましたが華麗に搭乗できました。

まとめ

JALを使っていて、iPhone 7シリーズ、iPhone 6sシリーズ、Apple Watch Series 2をお持ちの方は「JAL Countdown」で表示できる2次元バーコードは使わず、空港のカウンターでチケットを発券するか、Walletにチケットを登録して搭乗するのがオススメします。

「JAL Countdown」アプリ(スマートフォンアプリ一覧) - JAL

2次元バーコード読み取り機のソフトを改修することで対応できるのであれば、早々にお願いしたいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

関連記事一覧