アクションカムを買ったので購入奮闘記をまとめておくよ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

YouTubeのチャンネル登録者数100人突破にこじつけて、アクションカムを購入しました。

ありがとうございます!YouTubeのチャンネル登録者数が100人になりました
ありがとうございます!YouTubeのチャンネル登録者数が100人になりました
YouTubeのチャネル登録者数が100人になりました。 チャンネル登録して下さっている皆さん、ありがとうございます。まだチャンネル登録されていない方は、この機会に是非登録をお願いします。 で、100...

アクションカムの購入を検討されている方もいると思うので、参考にした情報ソースや購入した機種を選んだ理由をまとめておきます。

スポンサーリンク

アクションカムの用途

まずは用途からです。

  • ビデオカメラとして使っているiPhoneの替わり
  • VLOG用のカメラ

私がYouTubeで公開しているコンテンツは、手元のガジェットを撮りながら、説明を話すスタイルです。よって、もう少し広角で撮れれば、ガジェットの見せ方も変わってくるのではないかと考えてアクションカムを選びました。

もうひとつ、日々の出来事をまとめて、1週間に1回くらい動画をYouTubeに公開できればと考えているのですが、スマホをiPhone 6s PlusとOnePlus 3を交互に使っていて機材が定まらないのと、手に持った状態で歩くのは厳しいので、軽いカメラが欲しいと考えました。

撮影用の機材では、DJI Osmo Mobileを持っています。これは、旅先など下準備をしてビデオが撮れる機会に使うつもりです。

ボクがアクションカムに求めること

アクションカムに求めたものは以下の2点です。

  • 機動性が高いこと
  • 1080で、60fpsで撮影できること

最初の機動性が高いのは、どのアクションカムを選んでも問題になることはありません。もうひとつの方は、4K動画が撮れるアクションカムもありますが、私が造るコンテンツではオーバースペックなので、1080の解像度で60fpsで撮影できれば十分です。これ以下は、考えられるので最低限のスペックとも言えます。

購入したのは「SJCAM SJ6 Legend」

購入したアクションカムは、SJCAM SJ6 Legendです。

SJCAM SJ6 Legend 4K Action Camera
JTNDdWwlMjBjbGFzcyUzRCUyMnBhZ2UtaWNvbnMlMjIlM0UlMEElMDklM0NsaSUzRSUzQ2ltZyUyMHNyYyUzRCUyMmh0dHAlM0ElMkYlMkZzamNhbWhkLmNvbSUyRndwLWNvbnRlbnQlMkZ1cGxvYWRzJTJGMjAx...

アクションカムの鉄板はGoProが、GoPro 5 HEROだと5万円くらいになります。

予算を2万円程度と考えていて、アクションカムが自分の使い方に合うものかを見極めたかったので選択肢から外しました。

自分の使い道に合うことは分かれば、次の選択肢として考えます。

SJCAMとは

SJCAMは中国のメーカーで、GoPro互換の低価格アクションカムを開発・販売しているメーカーです。

SJCAM Official Website - Home
Compare Camera Models Compare SJCAM cameras side by side! Video Contest Submit your video to win the newest SJCAM SJ7 Star! Support Got q...

中国には、SJCAM以外にもアクションカムを開発するメーカーが沢山あり、有象無象の状況ですが、SJCAMは実力と実績のあるメーカーで、ホームページのサポート体制もしっかりしていそうです。

ひっかかったのは画質

SJCAM SJ6 Legendのスペックは申し分なく、以下のレビューを読むと使い勝手も悪くなさそうです。

SJCam SJ6 Legend Camera Review | Pevly
Complete unbiased review of SJCAM SJ6 Legend sports action camera. Video, Photo, Audio, Performance tests and more.

ひっかかるのが画質です。

どの程度まで求めるかという話しになりますが、SJCAM SJ6 Legendで使われているセンサーはPanasonic MN34120PAで、ソニーのセンサーを使う製品と比較すると暗めに画に感じます。青みが強い寒色系の色味で色彩の豊かさに乏しい印象を受けます。

とたとえば、1世代前のモデル、SJCAM SJ5000X Eliteは、センサーにSony IMX078が使われており、これと比較した動画をみると暗めに感じます。

これが、屋内撮影メインの私の使い方でどれ程度影響するかは、今後検証してみるつもりです。

選んだ決めて

SJ6 Legendを選んだ理由は、外部マイクが付けられる点です。

iPhoneで撮影する時は、マイクの位置や入力レベルに気を使っていました。SJ6 Legendの内蔵マイク性能は、これから検証することになりますが、マイクに不満があったとしても、外部マイクが使えれば安定した環境が得られるのではないかと考えてました。

同時に比較したアクションカム

比較したのは、Gitupというメーカーの「Git 2」です。

ここは、SJCAMのエンジニアが立ち上げたアクションカムのメーカーで、ソニーのセンサーが使われているので画質も良さそうです。

レビューは、以下のサイトで読めます。

Git 2 Gitup Action Camera Review | Pevly
Most detailed review of Git 2 action camera by Gitup. Video, photo, sound, battery tests. Downloadable samples available. Best mid-range action cam?

選ばなかったのは、国内では流量が少ないようで購入しづらいのと、価格が2万を少し切る設定で、記憶媒体のmicroSDも入れると予算オーバーになるので選択肢から外しました。

到着が楽しみ

直感で選ぶことが多いのですが、良い部分も悪い部分も比較した上で、SJCAM SJ6 Legendを選んで購入をしました。これがあることで、どんな撮影環境になるのか、いまは到着が楽しみです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

関連記事一覧