シンプルなのが一番:sparoma 空気清浄機 CF-8005 レビュー(2月5日更新)

Macがある書斎は、年中カーテンを閉めているせいもありますが、週に一度換気をすれば良い方で、あまり良い環境とは言えません。とくに、いまの時期は寒いので部屋の空気を入れ換える機会が少なくなります。

たとえば、Eve Roomのような空気の質をチェックできるようなガジェットを使って、監視する使い方も考えられますが、ここまでの必要性も感じていません。

Elgato Eve Room Wireless Indoor Sensor
【Apple Homekit対応】室内空気質や温度、湿度を感知、自宅の状況をモニターできるelgato eveシリーズ

空気清浄機でも買ってみようかと考えていたところ、Anypro様よりsparomaのブランドで発売されている空気清浄機の「CF-8005」評価のお誘いを頂いたのでお願いしてみました。これは、HEPAフィルターを搭載した空気清浄機で、UV-Cライトも搭載しており、細菌・カビなどの有害物質や悪臭を除去してくれます。

適用床面積は9畳とされており、フィルターの寿命は6カ月です。

清潔感のある見た目

家電の場合、性能もさることながらデザインも選ぶ時のポイントです。空気清浄機のように、目に付く場所で常時可動するものならばなおさらです。

CF-8005の白い白いボディは、どんな場所でも主張することなく馴染むデザインです。たとえば、リビングの隅に置いていると目障りになることはありません。

IMGP2327

シャープなど多くの空気清浄機が白基調で丸みをおびたデザインなので、CF-8005もこれらのオマージュとも言えますが、CF-8005のシンプルなデザインは、嫌味がなく飽きません。

シンプルな機能と操作

CF-8005は、空気清浄に特化しています。よって操作ボタンが4個で操作を覚えるのも簡単です。操作パネルは、タッチ式で軽く触れるだけなので軽妙な操作感です。気になるのが、ボタンのLEDランプが青色で下品な印象を受けるところです。

IMGP2328

電源ボタン以外ボタンは、以下のようになっています。

一度設定すると、電源を切っても前回の状態が復帰するので、使う度に好みの設定に変更する必要はありません。

風量ボタン

風量は3段階で調整できます。ボタンを押していくと1 > 2 > 3と風量が変化してトグルのボタンで風量を調整できます。

タイマーボタン

風量同様でトグルボタンになっていて、ボタンを押していくと、オフ > 2 > 4 > 8時と動作時間が設定できます。設定値はLEDで確認できます。

UV-Cライト

太陽マークのボタンをオンにすると、細菌などの有害物質を除去するモードで動作します。効果の程は分かりませんが無いよりはマシと言った感じです。

動作音は静か

風量で動作音は変化しますが、もっとも小さな1での動作は静かなもので、動作音は気になりません。もっとも大きい3に設定すると、動作音もさることながら風切り音が耳に付きます。

動作している様子の動画を作成してYouTubeに公開しているので、こちらをご覧ください。

通常は、風量1で使うことが多いはずなので、静かな空気清浄機と言えます。

シンプルが一番、しかし、気になる点もある

高機能・高性能で高い付加価値を持つ家電が好みの時期もありましたが、最近は、多くの機能を持たずにシンプルに使える家電を好んで選んでいます。

たとえば、少し前に電子レンジを買い換えたのですが、ハイアールのシンプルなそれを選びました。結局、たくさん機能があっても積極的に使わなければ、宝の持ち腐れというパターンが多いので、手頃な価格で基本機能がしっかりした製品を選んでいます。

CF-8005は、正にこれで基本機能がしっかりしているので満足しています。

唯一気になるのは、交換用のフィルターです。これの寿命は6カ月とされており、Amazonの販売ページでは、今後、発売する予定とコメントされていますが、現段階では交換用フィルターが販売されていません。

2月5日追記:

以下、交換フィルターに対するメーカーのコメントです。

弊社は今後販売されるフィルターはシャープのような高価なものではありません。お買い得でシャープにも負け浄化効果を持っているフィルターでございます。まもなく販売開始の予定がございますので、ご安心ください

フィルターは消耗品で、いずれは交換時期が来るので、フィルターの供給が気になる場合は日本のメーカー品を選ぶ方法も考えられます。

シェアする

関連記事一覧