【AirPods】新ファームウェアで通話中の接続切れが解消されたか確認したみた

少し前の話ですが、AirPodsのファームウェアがv3.5.1に更新されたことが話題になりました。

Apple、AirPods ファームウェア・アップデート 3.5.1 を配布開始 | サポート | Macお宝鑑定団 blog(羅針盤)
Appleが、AirPods ファームウェア・アップデート 3.5.1 の配布を開始しています。 iOS 10以降を搭載したiPhone、iPad、iPod touchで、AirPodsとペアリグングされて接続状態であり、AirPodsケースが充電されており...

ファームウェアを自動アップデートする仕組みを用意しているところは、さすがAppleと言うべきですが、変更内容が明らかにされないのは、いつものごとくと言った感じです。

さて、v3.5.1で気になるのは、通話中にiPhoneとの接続が切れる問題が解消されているかです。2週間程度使い込んでみて、解消されているか検証してみました。

2週間使ってみた結果

結論から書いておきます。v3.5.1でも通話中の接続切れは発生します。

AirPods 通話中に突然切れる不具合報告、Bluetoothの競合が原因か - ライブドアニュース
 AirPodsでの通話中、iPhoneとの接続が突然切れる問題が指摘されています。問題の発生はiPhone6s/6s Plusで、他のBluetooth機器を接続している場合に限られている模様で、Bluetoothの競合が原因と考えられます

livedoor NEWSの記事では、通話中の接続切れはiPhone 6sシリーズのみで発生しているようです。

私は、iPhone 6s Plusをが使っているので該当します。これは、Bluetoothがうまく動作しないことが時々あって、どうしてもダメな時は再起動で対処することがあります。

記事では、Apple Watchと使っている時にBluetoothの競合で接続切れは発生する書かれています。「Bluetoothの競合」とは、Apple Watchでも通話できるので、この機能と競合しているという意味なんでしょうか。これが原因であれば、AirPodsだけのファームウェアのアップデートは解消されず、iOSなりのアップデートがないと解消されませんが、他機種でも発生するはずです。

となれば、iPhone 6s Plusで使われているBluetoothチップなりが他と違うなどが考えられるが、このあたりの情報を得ることはできませんでした。

対策方法は?

私が検証した限りでは、Apple Watchを使っていない時も接続切れは発生することを確認しています。ただ、接続切れの頻度は低いです。

唯一の解決方法は、通話に使う時は片耳だけにすることのようです。これを実践する場合は、以下の使い方になります。

  1. 電話がかかって来たら、AirPodsのどちらかを外す。
  2. 外した方を無くさないようにポケットにしまう。
  3. 電話に出る。

と言った流れです。これでは面倒です。

であば、AirPodsを付けたままで、iPhoneで通話すれば良いだろうと考えて試してみると、通話がAirPods側に切り替わることがあり、iPhoneとで交互に通話しているような状態になります。(電話の相手がどんな印象を持っているかは分かりません)

ってことで、いまひとつ安心して使えないようです。

Appleの初物だから…

Appleの初物のハードウェアは、昔からトラブルを抱えることが多くあります。信者の私と言えども避けることが多いのですが、今回は貧乏くじを引くことになりました。

通話中の接続切れは、良い対策はなくAppleが修正してくれることを待つしかない、残念な結果となっています。

シェアする

関連記事一覧