【SJCAM SJ6 Legend】手ブレ補正とタイムラプスを検証してみた

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アクションカムのSJCAM SJ6 Legendが面白くて、いろいろと試しています。

試験をいくつかするために、手ブレ機能やいろいろな場所でのタイムラプスを撮影しました。

タイムラプスの動画は、私のYouTubeチャンネルには動画をアップしているのですが、ブログでもご紹介しておきます。

スポンサーリンク

手ブレ補正機能のチェックとクリップのレビュー

SJCAM SJ6 Legendには、手ブレ補正機能が付いているのですが、これの動きを確認するために動作を撮ってみました。

カメラは、TELESINというメーカーのクリップでバックパックのベルトに留めて撮影しています。

少しだけ気にして歩けば、見やすい(酔わない)映像が撮影できるのではないかと思います。旅行先でバックパックにカメラを付けて歩けば、面白い映像が撮れそうな気がします。

オススメのクリップ マウント

一緒に使っているTELESIN 360度回転式 クリップ マウントが結構な優れもので、後でご紹介しているタイムラプスを撮影するのにも使っています。

これ自体は¥888で、Amazonから購入できます。
説明にはGoPro用と書かれていますが、SJCAM SJ6 Legendでも問題なく使えるので、アクションカム用のクリップマウントを検討されている方にはオススメです。

タイムラプスの検証

タイプラプスの機能を検証するために、夜明け、雨の夕方、曇の朝のシーンでタイプラプスを撮ってみました。

1.夜明け

2.雨の夕方

3.曇の朝

いずれも4K 24fpsで、インターバルを5秒にして撮影しています。

「1.夜明け」の暗い時はノイズが目立ちしますが、これ意外でホビー用途には十分な映像品質ではないかと感じているのですが、皆さんはいかがでしょうか。

電池の持ちに関して

4K 24fpsでタイムラプスを撮影すると、40分程度でバッテリー切れになります。

GoPro 5は1時間以上使えるようなので、SJCAM Sj6のバッテリー駆動時間は短いと言えます。ハードに使うのならば予備バッテリーは必須です。

予備バッテリー2個と充電機付きのパッケージが、¥3280でAmazonで購入できるので、これを購入するのがお勧めです。価格はと高価なものではありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

関連記事一覧