毎日スッキリリフレッシュ:USBホットアイマスク レビュー

フジテレビラボ セレクション様より「USB ホットアイマスク」をご提供頂いたのでレビューします。

私は「めぐりズム」を使っているので、これと比較しながらレビューしていきます。

どんなものか?

分かりやすく言えば、めぐりズムのUSB版です。

アイマスクからUSBケーブルが出ていて、これをモバイルバッテリーなどに接続すると、アイマスク全体が温かくなります。

また、給電式なので繰り返し使えます。

めぐりズムは、14枚入りで¥880なので約63円/枚です。特別高い値段ではありませんが毎日使うには気が引けます。しかし、USBホットアイマスクは、¥1,980です。

使い方

使い方はめぐりズムと同じですが、温かくなるだけで蒸気は出ません。

また、バッテリー式ではなくUSBから電源を取るので、必ずモバイルバッテリーなどを用意してケーブル接続する必要があります。

DSC00070

USBホットアイマスクの造りは、単純なようで中に電熱線でも入ってそうな単純な造りです。試していませんが、モバイルバッテリーの出力によって、アイマスクの温かさが変わってくるのかもしれません。

めぐりズムとの比較

気になるのは、めぐりズムとの違いだと思います。

  • 蒸気が出ない
  • 香り付きがない

の2点です。

USBホットアイマスクは蒸気は出ませんが、めぐりズムの蒸気は気にしていませんでした。(でているのか?と思っていた程度)もうひとつ、香りも無香料のものを使っていたので気にしていませんでした。

DSC00073

これでは比較にならないので、この機会にカモミールの香り付のめぐりズムを試してみました。これは、アイマスクからほのかな香りして、よりリラックス出来る印象です。香りもリラックスするための要素として考えれば、なかなか良いものではありませんが、私はアロマディフューザーを使っているので、これで良いのではないと考えてしまって、正直、有り難みは感じませんでした。

違いを感じたのは温度です。

どちらも熱いことはありませんが、USBホットアイマスクの方が温度が少し高い印象です。測定機器がないので感覚的ですが、めぐりズムが「ほんのり」で、USBホットアイマスクは「温かい」といった感じです。どちらも悪いことはないので、お風呂の湯加減と同じで好みかもしれません。

使える時間は大きな違があります。

めぐりズムは10分を越すと温度が下がってきますが、USBホットアイマスクは好きな時間だけ使えるのは大きな違いです。他、USBホットアイマスクの方が使い終えてもゴミが出ません。

優劣は付けられない

どちらかの方が良いという内容でまとめる方が分かりやすいのですが、めぐりズムとUSBホットアイマスクは、両方で良いところがあり優劣付けられなません。

経済性を重視するならば、USBホットアイマスクを選ぶ、香りを重視するならば、めぐりズムを選ぶことになりますが、私は、蒸気と香りを重視していないので、USBホットアイマスクで十分です。

シェアする

関連記事一覧