Feiyu Tech WGのノイズ対策の方法をまとめておくよ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ウェラブルジンバル「Feiyu Tech WG」とアクションカム「SJCAM SJ6 Legend」の組合せで使うと、SJCAM SJ6 Legendのマイクがジンバルのモーター音を拾ってノイズになります。

このノイズを軽減しようと試行錯誤した結果、波形編集ソフトを使った後加工で満足のいく結果が得られたので、その方法を紹介しておきます。

スポンサーリンク

使っているアプリ

動画の音声編集ですが、波形編集ソフト「Audacity」を使います。

Audacityは、UI は少しクセがありますがフリーで使える波形編集ソフトでは高機能です。

Audacity® | Free, open source, cross-platform audio software for multi-track recording and editing.

映像編集ソフトはFinal Cut Proを使っています。

Audacityで音声を編集した後、WAV形式で音声だけをファイル出力して、Final Cut Proで映像とミキシングしています。

ノイズを除去するために

ノイズを除去には、音声の周波数帯がノイズなのかを確認します。
Audacityには、スペクトラム表示とスペクトログラム表示の2種類の方法があります。これを見比べながら、どの周波数帯がノイズなのかを確認しながら見極めていきます。

ある程度見慣れてくると、スペクトログラムの表示結果を見ればノイズと判断できます。

スペクトラムでノイズを確認する

  1. Audacityで、編集対象の動画ファイルを開きます。
    Audacityは、動画ファイルのMP4が直接開けるので、音声ファイルに変換する必要はありません。
  2. 次に「解析」メニューの「スペクトラム表示」を選択します。
  3. 一般的には、右側の周波数(Hz)の高い方へ向かって右肩下がりの絵になります。
    この中で、先の尖った山がピンと飛び出した部分があります。これがノイズです。
  4. 飛び出した山にカーソルを移動すると、頂点部分の周波数が確認できます。この値は「Peek」に表示されるのでメモしておきます。赤い枠の部分がノイズと思われる箇所で、もっとも低い周波数のピークは2836Hzです。

クリックで拡大できます

スペクトログラムでノイズを確認する

先の方法とは別の方法でもノイズを見極めます。

  1. 波形が表示されているパネルの横にあるドロップダウンメニューから「スペクトログラム」を選択します。
  2. 濃淡のある表示が変わります。色の濃い部分が振幅がある部分です。たとえば、6000Hz付近で最後まで振幅がありますが、これはノイズの高音部分だと考えられます。
  3. 先のスペクトラムで確認したノイズのピーク値の周波数辺りで、振幅が続いていればノイズだと考えて間違いないです。

クリックで拡大できます

確認したノイズ

先の二つの作業で確認したノイズのピーク値は以下になります。

  • 2836Hz
  • 4987Hz
  • 5993Hz
  • 6991Hz

ノイズを軽減する作業

  1. 「エフェクト」メニューの「Notch Filter」を選択します。
  2. 「Frequency」に先でピックアップしたノイズのピークの周波数を入力します。
  3. 次に「Q」の値を指定します。
    値が大きいとFrequencyで指定した周波数のみが引き下げられて、小さいと周辺の周波数も一緒に引き下がります。ノイズ除去なので、やりすぎると不自然な感じになります。いくつかの値で試してみて不自然にならない値を設定します。私は、以下にしています。
  • 2836Hz : 9
  • 4987Hz : 50
  • 5993Hz : 20
  • 6991Hz : 40

実際に試して結果

試行錯誤した結果をYouTubeに公開しているので、よろしければご覧ください。

以下は、加工後のスペクラムとスペクトログラムです。ノイズが軽減されたと思います。

クリックで拡大できます

クリックで拡大できます

ノイズを軽減する手法は確立できたと思っていますが、毎回、この作業をするのは面倒なのと、後加工は限界があるので、マイクを用意するなど撮影環境を充実させた方が良さそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

関連記事一覧