やってもーた:SJCAM SJ6 Legendを文鎮にしました

スポンサーリンク
スポンサーリンク

あー。やってしまいました。結構気に入って使っていたアクションカムのSJCAM SJ6 Legendのファームウェアをv1.4.6にアップデートしようとしたところ、失敗して文鎮にしてしまいました。

これまで、こうした類の失敗をしたことがなかったので、結構ショックです。

スポンサーリンク

原因はコレかな…

現象としては電源を入れてもカメラが使えないので、カメラのファームウェアがフラッシュされたままになっているような感じです。

v1.4.6のファームウェアをインストールしようと、いつものようにアップデートを進めたところ、今回は10分程度待っても終わりませんでした。いつもであれば、アップデート中はLEDが点滅するのですが、これもなかったので変だと思って、バッテリーを抜いてしまったのがマズかったのかもしれません。

電源を入れると、カメラのLEDが全て点灯した状態ままが続いて起動しません。

DSC00546

解決方法がないかと調べてみましたが、いまのところ見つけられていません。また、ファームウェアのアップデート手順で元に戻りそうなので、試してみたところダメでした。

反省中

カメラは、RX100mk3かiPhone 6s Plusを使えば良いで困ることはありませんが、アクションカムの取り回しの良さを知ると、RX100mk3でさえも結構大きく感じて取り回ししづらいと感じます。

あれば便利に使えるので、勢いにまかせてSJCAM SJ7の購入を検討しましたが、当面は旅行へ出ることもなく、アクションカムが欲しいシーンは少ないので、反省の意味も込めてしばらくは無しで過ごすつもりです。

SJCAM SJ6 Legendで撮影した動画はYouTubeに公開していて、再生リストにまとめてあるので、よろしければご覧下さい。

SJCAM SJ6 Legendを半年使った印象

SJCAM SJ6 Legendは、今年の1月に購入しました。

ファームウェアのバージョンアップに合わせて画質と使い勝手が向上していき、お気に入りのカメラだったのですが、不注意で半年くらいで使えなくなりました。この間、韓国と中国へ、そして、出張へも度々持ち歩きましたが、壊れることなく使えました。

中国製のアクションカムは星の数程ありますが、SJCAMのそれは使い勝手もよく安定して動作しました。また、作りっぱなしにせずに、ファームウェアのバージョンアップもまめに行うので、自分の中国メーカーのイメージを変えてくれました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

関連記事一覧