iPhoneからGalaxy S8+に乗り換えました:アプリ移行編

iPhone 6s PlusからGalaxy S8+に乗り換えました。今回は、データやアプリ移行した時の手順や内容をまとめておきます。

電話帳の移行

仕事で電話をよく使うので、電話帳の移行は重要です。

iPhoneの頃からGoogleコンタクトを使っていたので、Galaxy S8+にGoogleのアカウントを設定した時点で、あっさりと電話帳が同期されました。

ほとんど、何も考えずに移行ができてしまって、拍子抜けでした。

ブラウザの移行

iPhoneとMacでSafariを使っていたので、ブックマークやパスワードの同期は気にしていませんでした。

Galaxy S8+では、Safariが使えないのでChromeへ移行しました。

Chromeへ移行した時に、Safariの閲覧履歴とブックマークをインポートしたので、最低限のデータは引き継ぐことができました。

あとは、Chrome同士で同期する設定をすれば、MacとGalaxy S8+の間で情報が同期されるので、Safariと同じ感覚で使えます。

ウェブサービスのパスワードは、1Passwordで管理しており、Android用のアプリもあるので不自由はしませんでした。

音楽の移行

音楽はiTunesで管理していて、これに代わるアプリがないので引き続き使います。

音楽の移行は、Galaxy S8+にiTunesのライブラリーをごっそりコピーする方法もありますが、iPod以前のような音楽管理になるので避けています。

いまのところは、Mac用のGoogle Music ManagerでGoogle MusicにiTunesのライブラリをアップロードしています。

Google Play Music
広告なしで、4,000万 曲にオンデマンドでアクセス。ダウンロードしてオフラインで再生。お好みの曲を最大 50,000 曲アップロードして、いつでもどこでも再生できます。

これは、iTunesに音楽が追加されると、自動でクラウド上にアップロードしてくれます。また、あまり知られていませんが、Google Musicは無料プランでも最大100,000曲をクラウドにアップロードできます。私は、これだけの容量があれば音楽ライブラリすべてをアップロードできます。

音楽の再生はストリーミングです。この環境だと、ネットがつながる場所でしか音楽が聴けませんが、まずは、これで使ってみます。もちろん、事前にダウンロードすることもできます。

ポッドキャストの移行

ポッドキャストも欠かせません。

iPhoneでは、iTunesとPodcastアプリを使っていましたが、Galaxy S8+では、Pocket Castsを使います。

これはMaterial Designを採用したアプリで、使い勝手に関しては不満はなく、何か良いかと聞かれればPocket Castsを薦めます。

Pocket Casts - Google Play の Android アプリ
私たちは、ポッドキャストを愛し、私たちは彼らを聴くためのアプリ賞を受賞しました!

視聴しているポッドキャストの移行は、iTunesからOPMLをエクスポートしてPocket Castsに取り込みます。

手順は以下です。

  1. iTunesでPodcastを表示して、「ファイル」-「ライブラリ」-「プレイリストを書き出し」を選択します。
  2. 保存ダイアログで「フォーマット」を「OPML」を選択して、OPMLファイルの保存先を決めます。
  3. 出力されたOPMLファイルをDropboxへコピーします。
  4. Galaxy S8+のDropboxアプリで、先のファイルを開くとPocket Castsが起動して、視聴リストがインポートされます。

メールとカレンダーの移行

iPhoneでは、メールをGMail、カレンダーをGoogleカレンダーを使っていたので、移行作業は一切なくアプリをインストールしてアカウントを設定し直した程度です。

SNSの移行

Androidでも同じアプリがリリースされているので、GMailと同様にアプリをインストールして、アカウントを設定した程度です。

移行してみた雑感

iPhoneでカメラ系アプリは、Galaxy S8+では似た物が使えないことはありますが、これ以外は代替があるので困ったことはありません。

iPhone 6s PlusのサブとしてOne Plus 3を使っていたので、下地が出来ていたとも言えます。ただ、同じ目的を達しようとした時のユーザー体験は、iPhoneの方が良いことが多いです。たとえば、モバイルSuicaのセットアップなんてカオスでしたよ。

シェアする

関連記事一覧