iPhoneからGalaxy S8+に乗り換えました: AKGのイヤホンは最高やん

スポンサーリンク
スポンサーリンク

好みのオーディオが多いharman / kardonやJBLを持つHARMANグループは、2017年3月にSamsungが買収を完了しています。

今回レビューするGalaxy S8+付属のイヤホン「EO-IG955」は、AKGチューニングです。

AKGもHARMANグループなのでSamsung傘下なので、グループ内で協力して開発されたイヤホンということになります。

AKGはマイクメーカーの印象なので、いままでイヤホンやヘッドホンを購入したことがありません。最近は、エントリークラスのモデルも販売されているようですが、AKGは高級ブランドの印象です。

DSC00596

スポンサーリンク

EarPodsとの比較

EarPodsは、カナル型のイヤホン程しっかりと密閉されないので、低音と高が抜けてしまい、再生されている音が安っぽい印象を持つことがあります。それでも、これまでの付属屋イヤホンのことを思えば、抜群に良い音が再生されて付属イヤホンのレベルを引き上げました。

EO-IG955は、カナル型のイヤホンです。

DSC00595

耳に合ったイヤピースを使うと、低音は少しきつめに感じます。これと比較すると、高音は少し物足りなくも感じますが、バランスが悪いワケではなく聴き疲れはしません。高音は、繊細な音も再生されており、女性ボーカルの艶ぽさも聴くことができます。

EO-IG955の音質は、間違いなくEarPodsを上回るもので常用したい思うほどです。Samsungのケータイに付属していたイヤホンは、どれも酷いものだったので、イッキにレベルが引き上げられました。

使い勝手

イヤピースは、3種類(S, M, L)が付属しており、標準ではMが着けられています。私は、これでは小さいのでLを付け替えています。私の耳には良い着け心地で、痛くなるようなことはありません。

コントローラーには、「戻る」、「再生・停止」、「進む」ボタンとマイクが付いています。このあたりの使い勝手は、奇をてらったところはなく一般的です。

DSC00593

新たな基準を創ったイヤホン

このイヤホンには、AKGのロゴがプリントされていますが、AKG製ではなくチューニングしたイヤホンです。AKGの関わり方は分かりませんが、EarPodsを超えて付属イヤホンのレベルを一段引き上げた印象です。

Samsungはオーディオ関連が弱かったので、HARMANブランドを傘下に収めた成果が分かりやすく出ています。

端末のスピーカーはイマイチなので、次はここでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

関連記事一覧