レトロ・メカニカルキーボード『lofree』が国内取扱が開始になりましたね

スポンサーリンク
スポンサーリンク

以前ブログで紹介したlofreeのがフリーウェイ株式会社で取扱が開始にしました。

タイプライターにインスパイアされた多機能キーボード「Lofree」の取扱い開始と「パソコン工房AKIBA STARTUP」出展のご案内 | 株式会社フリーウェイ
タイプライターにインスパイアされた多機能キーボード「Lofree」の取扱い開始と「パソコン工房AKIBA STARTUP」出展のご案内 について。コンピューター及び周辺機器の販売、卸、輸入業のフリーウェイ株式会社は一人のお客様の”楽しい”を次のお客様へおつなぎし、全力で付加価値を生み出し続けます。

気になっていた人は、れで買いやすくなりました。
また、クラウドファンディングの「GREENFUNDING」で先行販売が始まっています。もっとも安い¥13,800の枠がまだ残っているので、少し安く手にできるチャンスです。

タイプライターにインスパイアされた多機能ワイヤレスキーボード Lofree
スポンサーリンク

使用頻度があがった

以前書いたレビューでは「常用はしないかも」とまとめましたが、時々使っているので続報を書いておきます。

以前の印象どおり、メインのキーボードとしては使っていません。なんだかんだでメインのキーボードはMagic Keyboardです。メイン・キーボードとして使わない理由は、以前のレビューと同じで、1段目のキーが右に寄ってミスタイプするのと、リターンキーが重くて小指で押すと指が痛くなるからです。

レトロデザインのメカニカルキーボード『lofree』レビュー
レトロデザインのメカニカルキーボード『lofree』レビュー
Indiegogoで出資していた「lofree: typewriter inspired mechanical keyboard」が到着したので、レビューします。 名前からも分かるように、タイプライターから...

とは言え、人は素晴らしいです。時間の経過と供に徐々に使い慣れてしまい、悪くないと感じるほどで使用頻度が上がっています。

最近は、いくつかのキーを水色のキートップにスワップして、カスタマイズを楽しんでいます。

動きの渋さが取れてスムーズに打てる

このキーボードは、使い込むと印象が変わります。

使いはじめはキースイッチの動きが渋くて、キーを真上からしっかり押さないとタイプしたことにならず、スムーズにタイプできませんでした。しかし、使い込むうちにキースイッチの渋さが取れいき、スムーズにタイプできるようなりました。

DSC00888

ただ、リターンキーのタッチが変わらずで、長時間使うと指の付け根が痛くなるのは変わりません。このキーには、スイッチがふたつ使われているので、押し下げるのに倍とは言いませんが、通常よりも力が必要になるので理にかなっています。

DSC00890

貴重な存在

不満があるにも関わらず、使い続けているのは、lofreeが貴重な存在だからです。Macに最適化されたメカニカルキーボードで、小型、Bluetooth接続のキーボードは数えるほどしかありません。

他には、Matias laptop proもありますが、lofreeと比較するとひとまわり大きなキーボードです。コンパクトさではlofreeの方が魅力的です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

関連記事一覧