SwitchEasy『CoverBuddy for iPad Pro 12.9』を1ヶ月使ったので状況をまとめておくよ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

SwitchEasy CoverBuddy for iPad Pro 12.9を1ヶ月ほど使ったので、その後の状況をまとめておきます。

購入直後のエントリーは、以下に公開していますので、よろしければご覧下さい。

3度目の正直、SwitchEasy CoverBuddy for iPad Pro 12.9を購入しました
3度目の正直、SwitchEasy CoverBuddy for iPad Pro 12.9を購入しました
所有しているiPad Pro 12.9では「SwitchEasy CoverBuddy for iPad Pro 12.9」を気に入って使っていました、 キッカケは、日本代理店のセンブンシーズ・パスタ様にレビュー品...
スポンサーリンク

難アリだが未練アリ

このケースは、iPad Pro 12.9が発売された時は代理店があって購入できましたが、ケースが割れるトラブルが頻発して評判を落としています。

私は、代理店様から評価用として2回製品提供を受けましたが、どちらも3ヶ月程度でケースが割れてしまいました。代理店は、トラブル対応に嫌気が差したのか、新しいバージョンがリリースされた後も取り扱うこともなく、時間と供に購入できなくなりました。

使い勝手は自体は最高で、私はApple Pencilが一緒に持ち運べるケースで、CoverBuddyを超えるものには出会ったことがありません。これの未練が残っていたので、3度目の正直でSwitchEasyから直接購入しました。

Switcheasy™
SwitchEasy™ CoverBuddy offers the world's first patent pending interchangeable Apple Pencil holder for iPad Pro 12.9

ケースのどの部分が割れるか

2度使った中で、ひとつ目は「電源と音量ボタンの角」が割れてしまい、ふたつ目は「イヤホンジャックの角」の割れてしまいました。

電源と音量ボタンの角は、ケースの造りが繊細かつ複雑で衝撃を加えると割れると素人目にも判断できます。

DSC00899

イヤホンジャックの角は、電源と音量ボタンの角ほどの繊細な造りではありませんが、ここも力が加わると割れてケースの角ごと取れてしまいます。

DSC00901

今回購入したケースは、2箇所ともに割れておらず綺麗な状態を保っています。今回で、3度目のなので気を使っているのが状態を保てている要因かもしれません。

ポリカーボネイトは、紫外線を吸収すると鎖状結合が徐々に壊れ、マイクロクラック等発生して、これが重なって割れるようです。今回のケースは、ラバーコーティングされているので、多少なりとも紫外線を防いでくれるのはないかと期待でしています。今後の状況は、ブログで

新しいCoverBuddyが変わっているところ

私は購入したのは新色のSpace Grayです。他は分かりませんが、これは表面がラバーコーティングされていて手触りが良くなっています。

DSC00902

これまで使ったふたつのケースは、表面が梨地処理されていましたがプラスチックの質感そのもので安っぽさがありました。しかし、ラーバーコーティングされたことで、しっとりした見た目になって、iPad Proの造りの良さに負けない見た目を得たと感じています。

ただ、ラバーコーティングのお陰で皮脂汚れが目立つようになったので、定期的なクリーニングが必要です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

関連記事一覧