iPad Pro 12.9インチ(第1世代)の周辺機器が買い時かも

商品切り替えのタイミングで在庫整理を行なっているのか、iPad Pro 12.9インチ第1世代のアクセサリが値崩れしはじめています。

たとえば、「Logicool CREATE Backlie Keyboard Case for iPad Pro 12.9インチ」は、¥10,800迄下がっています。Apple Storeでは、いまだ¥18,800です。

MacBookを卒業かもね

iOS 11で第1世代目iPad Pro 12.9インチは動作が遅くなることなく使えるので、まだまだ現役で使えそうです。動作が遅くなるものならば見切りつけて、買い替えとなりますがそうもなりません。登場から2年、iOS 11との組み合わせることで、ようやくiPad Proの名に恥ない使い方ができそうな手応えです。

今回のエントリーは、iOS 11をインストールしたiPad Pro 12.9で書いていますが、日本語入力が進化しているのか、macOSで書く時と比較しても違和感を覚えないレベルまでに仕上がっています。テキスト主体の使い方であれば、もうiPad Proだけで完結しそうです。

打鍵感の良いキーボード探し

使えるとなれば、ヘナヘナの打鍵感のSmart Keyboardが気になります。
Bluetoothキーボードは接続とバッテリー管理が面倒なので、Smart Connectorを採用しているキーボードを探してみます。

RAZER MECHANICAL KEYBOARD CASE FOR iPAD PRO

最初に頭に浮かんだのがこのキーボードです。

Mechanical Keyboard - Razer Keyboard Case for iPAD Pro 12.9in
Introducing the World's first mechanical switch keyboard for a mobile device. Features bluetooth connectivity, metal kickstand, and a detachable protective case...

これはメカニカルスイッチ採用なので、満足のいく打鍵感が得られそうですが、Bluetooth接続なので選択肢から外します。

BRYDGE 12.9

もうひとつ気になったのがコレでした。

Brydge 12.9
Get a Macbook-like experience. Precision design, matching aluminum body, backlit keys, and adjustable 0-180° viewing ability, the Brydge 12.9 is truly unmatched...

ヒンジの部分に本体を挟み込むことで、クラムシェル型のノートPCのように使えるのが特徴です。触ったことはありませんが、商品説明にはMacBookのようなキーボードと書かれているので、Smart Keyboardよりは打鍵感が良さそうです。ただ、これもBluetooth接続なのでパスです。

選択肢はない…

ということで、Smart Connectorを採用するのはLogicoolのキーボード以外にありません。
これは、iPad Proの発売当初からありますが詳しく知りません。レビューを漁ってみると打鍵感は悪くなさそうです。これが発売当初の¥18,800ままであれば買うのを辞めていましたが、1万円を少し超えるところまで、値段が下がっているので買い時と判断して購入を決意しました。

第1世代iPad Pro 12.9の対応アクセサリーが少なくなって来たので、この機会を逃すと買えないかもしれないという思いもありました。

重さに関して

いま使っているシリコンケースは、Apple Pencilのホルダーが付いていて一緒に持ち歩けます。これとSmart Keyboardと組み合わせた時の総重量は1.4kg程度になります。なんだかんだで結構重い状態で使っています。これがLogicoolのキーボードだと、1.5kg程度で総重量は同じくらいです。重いと言えども、ケースが一体になっているのこんな物ではないかと思います。

ってことで、物は到着して使い始めているので、追ってレビューを公開します。

シェアする

関連記事一覧