iPhoneからGalaxy S8+に乗り換えました: Gear S3を1ヶ月使ったので印象的をまとめておくよ

iPhoneからGalaxy S8+に乗り換えてから4カ月近くが経過しようとしています。

世間は、iPhone 8とApple Watch Series 3で騒がしい感じですが、私はGear S3との組み合わせで使っています。

Gear S3のメインの用途は、通知を確認する子画面の用途と日々の運動量の記録がメインです。これをどのように使っているか、ご紹介してしておきます。

長期利用のダメージと使い心地

まずは、毎日使っていると避けられないダメージの話です。

私は、初代Apple Watchを使っていました。これはアルミケースで、3カ月経過した頃から腐食と思われる跡が目立つようになり、6カ月を経過した頃には酷い状態になっていました。いまだアルミケースのApple Watchを販売していますが、対策がされているのか気になります。

詳細は以下のエントリーに書いているので、よければご覧ください。

Apple Watchの裏蓋が酷い状況だけど腐食かなぁ…
Apple Watchの裏蓋が酷い状況だけど腐食かなぁ…
Apple Watch Sportを愛用しているのですが、アルミケースが汗で腐食(?)しているのか酷い状況です。いくつかケースの写真を撮影したので、エントリーとしてまとめておきます。 裏蓋の全体像 まずは...

Gear S3のケースはステンレスで腐食には強いので、いまのところは綺麗な状態が保てています。ただ、念のために腕から外す時は、布で汚れを拭くようにはしています。

DSC01082

あと、ベゼルの周りに傷が目立つようになってきました。気をつけて使っているつもりですが、ここばかりは避けることができません。

次に使い心地です。

使い始めはシリコンバンドが硬くて腕に馴染まず、長時間着けていると腕に跡が残ることがありました。痛いというほどではありません。3カ月以上経過して、ようやく腕に馴染むようになり、着け心地が良いと感じるようになりました。

DSC01089

邪魔にならないアプリ通知の設定

すべての通知が来ると邪魔なので、通知を受けるアプリは重要なものに限っています。通知を受けるアプリは15種類で、メール系やチャット系、SNS系がメインです。

New photo added to gallery

また、Gear S3を着けている時以外は通知しない設定にもしています。着けていない時に通知は、あらためて着けた時にバイブで教えてくれる「スマートトス」呼ぶ仕組みを有効にしています。同じ仕組みはGalaxy S8+にもあり、必要な通知を逃さない仕組みがあり重宝しています。

New photo added to gallery

例えば、受信したメールの通知に返信ができます。

返事は、登録済みの短文や音声入力、キーボードで返事ができます。小さな画面なので、キーボードでの文字入力は骨が折れますが、使うかはユーザー判断という意味ではらしいと言えます。

DSC01087

Siriと比較すると音声入力の性能は落ちますが、短いフレーズであれば間違うことなく認識します。私は、Gear S3を口元に近ずけて、音声入力で返事をする使いかたをよくしています。

DSC01088

メッセージ関連の使い勝手

Gear S3にはメールアプリがあり、これはGalaxy S8+で動くSamsung純正のメールアプリと連携するので、GMailやInboxではなくこれを使っています。

DSC01083

腕時計でメールを見るか議論はありますが、本文のすべてが確認できて返事もできるので重宝しています。

DSC01085

使っているキャリアがdocomoだと、Gear S3にメッセージアプリ(SMS)がインストールされるようですが、私が使っているのはauなのでアプリはありません。では、SMSの送信ができないワケではなく、連絡先アプリがから送信先をたどって行けばSMSが送信できます。

その肝心の連絡先は、Galaxy S8+の連絡先がGear S3側にも同期されるので、特別な手間をかけることなく使えてよくできています。

シェアする

関連記事一覧