久しぶりにF1を観戦に行きます

今週末は、数年ぶりに鈴鹿へF1観戦の予定です。

木曜日はドライバーのサイン会があるので行きたいところですが、金曜日の朝に家を出て午後のFP2から観戦の予定です。

一番の楽しみはレースですが、これまで幾度のなく鈴鹿には通っているので、レース以外で私なりの楽しみ方をご紹介します。

読みたい項目へ移動する

移動中の楽しみ方

サーキットには実家からクルマで通う予定でR23経由で、1時間30分ほどの道のりです。

朝は、鈴鹿市内に入ると、チームクルーを乗せたバンと並走することがあります。フル乗車の1BOXですぐわかります。また、駐車場に着くと、こん時にしか見ることができないスーパーカーが止まっていることがあります。水色の360 Modenaなんて、この時しか見たことがありません。

期間中はドライバーやレース関係者を直近で見れるのも楽しみです。
レース後はどのルートも渋滞になりますがチーム関係者もハマっていることがあります。例えば、亡きケン・ティレルを直近に見たのはレースが終わった後駅に向かって歩いている最中でした。

ドライバーが駅近くにいることもあります。伊勢鉄道の鈴鹿サーキット稲生駅に、ジョニー・ハーバートがいて、嫌な顔もせずにサインしてくれたのは良い思い出です。

レース終了後の遊園地内は、サーキットホテルへ向かうドライバーを見かけることもあります。例えば、1999年のチャンピオンを逃したエディー・アーバインが駆け足で目の前を通り過ぎた時はテンションが上がりました。

観戦中の楽しみ

F1と言えばエンジン音ですが、1.6L V6ターボになったF1のエンジンを生で聞いたことがないので、どんな音か楽しみにしています。後、シフトチェンジの音もサーキットでないと聞けないので、現地ならでは楽しみ方です。

サーキット内はFM放送が行われます。観戦席から全ての情報が得られないので貴重な情報源です。Pit-FMは、今年も放送しているようなので楽しみです。

Pit-FM | 聴かなきゃ損する!みんなで参加、アクションラジオ!

レース終了後は、メインスタンドが開放されてレースがプレイバックされています。すぐサーキットを出ても渋滞に巻き込まれるので、メインスタンドでしばらくレースを振り返ってみるのも良いと思います。

また、V1, V2, VIP席にはレース終了後にメインストレートが開放されます。

鈴鹿の後はアメリカですが、少し期間が開くのでクルーはのんびり撤収しているはずで、普段はみることができないものが見れるチャンスかもしれないので見てくるつもりです。

2017年F1日本グランプリ| 鈴鹿サーキット
2017年F1日本グランプリは、お客様からのご意見をもとに、更に進化をさせ、新しい時代のパワーを感じていただけるF1日本グランプリを創り上げます。

私の楽しみ方はこんな感じです。年に一度のお祭りなので楽しんできます。

シェアする

関連記事一覧