甥っ子と東京モーターショーへ行ってきたよ

何回かぶりで東京モーターショーへいってきました。

前日の夜に急遽、甥っ子と照らし合わせ会場入りするという、クルマ好きぶりをお互いで発揮して一緒に会場を回りました。

さて、ショーカーやお姉さんの綺麗な写真は、メディアの人達には勝てるわけもないので、私なりの印象だけをまとめて行きます。

スポーツカーが花形ではない

日本はスポーツカーに対する風たりの強い国で、この国で開催される自動車ショーなので、東京モーターショーの花形はスポーツカーではありません。数回前から、これは変わっていませんが、次世代の移動手段がショーの花形だったのかもしれません。

こう書く理由は、あまりにも現実味がないからです。

規制でがんじがらめで、電動スケーターですらもともに乗れない国で、次世代の移動手段は「モーターを動力とした何々です」そして「AI制御で運転手とコミュニケーションします」と提案されても、クルマ自体が毎日長い時間接しているものではないので全く響きません。すごく空振りな印象を受けてました。

会場やウェブサイトに掲げられているステートメント「BEYOND THE MOTOR」は心に響くのに、ショーの内容が伴っていない印象を受けてしまいます。

クルマ好きの見方をしてきました

といった感じで、ショーのコンセプトは理解できなかったので、大掛かりでお金のかかったプレゼンは軽く見た程度でした。あとは、クルマ好きなりの見方をしてきたので、印象に残ったクルマをピックアップして感想をまとめておきます。

DAIHATSU DN U-SPACE

街でミニバンを見かけるたびに、オーナー達は「前席ドアもスライドにならないのか?」と感じることはないのかと思うのですが、ダイハツが答えを持っていました。

DSC01425

恐らくタントの次世代モデルだと思いますが、これは使いやすそうですし、ユースケースがはっきりと見えます。開口部が広いと剛性云々の話が出てきますが、これは、かくあるべき事柄に向けてエンジニアが解決すれば良い話です。

このクルマが本当に出るのであれば、ダイハツに対する見方が変わりそうです。

TOYOTA CROWN Concept

これが事前の写真と実車の印象の印象が違ったクルマでした。
顔だけが強持てなっただけと思っていましたが、いかにも前に進みそうな印象を受けるデザインですが、クラウンらしさを上手く残しています。

DSC01447

ハッチバックにも見間違えるトランクのデザインは気に入りました。リア周辺をひと塊りにして小さく見せるのにも役立っていそうです。

DSC01445

展示されていたクルマには「RS」のバッチが貼られていたので、スポーツグレードなのかもしれません。走りに力を入れるのであれば、2UR系のエンジンを乗せて、5L V8クラウンとか売りませんかね。クーペやオープンが良いとは言いませんから。

Mercedes-AMG Project ONE

AMGは今年50周年なので、このくらいのお祭りがあっても良いはずです。

2座席で屋根があるので見た目はF1からかけ離れていますが、テクノロジーはF1からの継承を受けたスーパーカーです。

DSC01468

AMGは、これを販売するワケですが、もしかするとF1のペースカーにも使われるかもしれません。となれば、F1と同じスピードは走れるクルマになります。

DSC01462

メルセデスのブースは、マイバッハでさえ柵なしで展示する大盤振る舞いだったのが印象的でした。あと、旧車のオーナーとしては、AMG純正のホイルキャップがあるのを知ったのは収穫でした。

MAZDA VISION COUPE

私の印象は、アルファロメオにパクリ飽きて、次はアストンマーチンって感じです。口が悪いですね。

DSC01483

古典的でやり尽くされた手法をより洗練させて、自分達のディテールを乗せていく方法は、ジャガーやアストンのお家芸です。アストンマーチンのDB11は、いつ観てもドキドキします。今後、数年かけて磨かれていくとは思いますが、VISION COPUEにはそこまでの魅力が感じられませんでした。

DSC01488

もうひとつ、動きが感じられませんでした。ショーカーとして観ていたからかもしれませんが、動きの表現=キャラクターラインの手法に慣らされたのかもしれません。

RENAULT MEGANE RS

実車を観れば印象が変わるかもしれないと思っていましたが、楽しみにしていたクルマの中では一番の残念賞でした。

旧型がエモーショナルな要素が強かっただけで、元々フランス車にはこうした要素が少ない物と見れば、新型が正解で旧型は不正解と言えるのかもしれません。

DSC01501

それでも速そうだしスペックも素晴らしいのですが、横から見た姿は前作を知っていると残念でなりません。

LEXUS RC-F 10周年記念モデル

至るところにカーボンパーツが奢られていて、高価そうに見えます。

ただ、知らない人が見れば「なんだ?このまだら模様のクルマは?」ってことにはなりますね。さじ加減は難しいところですが、日産のNISMOバージョンの方が上手くやっているように見えます。

DSC01507

RC-Fは、実車をはじめて見ました。

気になっていたので楽しみにしていたのですが、それぞれのディテールが喧嘩しているようにも見えるクルマですね。まぁ、同じベクトルで、オーバーデコレーションのAMGに乗る私が言っても説得力はないですね。

シェアする

関連記事一覧