モバイルバッテリー使い分け術:dodocool 5000mAhレビュー

dodocool様から、モバイルバッテリーをご提供頂いたのでレビューします。

早く言えばバッテリーなので、いまさらレビューを書いても内容のあるエントリーにならないので、これまで使っていたモバイルバッテリーをご紹介しながら、どう使っているかを紹介していきます。

私はモバイルバッテリーを2台体制で使っています。ひとつ目はLEVIN cootube 5000mAhで、主に出張用よして使っています。もうひとつは、MOCREO LAVO 2500mAhで普段使いようです。

この状況に、今回ご提供を頂いたdodocool 5000mAhが加わりました。

LEVIN cootubeの使い勝手

これはバッテリーは、Amazonのタイムセールで¥1,000を切る価格だったので購入しました。筒状のモバイルバッテリーで、USBポートやスイッチのある部分にLEDがあって、懐中電灯としても使えるところがポイントです。

モバイルバッテリーとしては何も不満がなく良い買い物をしたと思っていますが、名前が示す通り筒状です。この形のおかげで、使っている鞄の中で収まりが悪いのが難点でした。これを受けて購入したのが、薄型バッテリーのMOCREO LAVOです。

MOCREO LAVOの使い勝手

MOCREO LAVOは、名刺よりひとまわり程度の大きさのモバイルバッテリーです。

これのレビューは、エントリーを書いているので気になる方は以下を参照してください。

カードサイズのモバイルバッテリー「MOCREO LAVO 2500mAh」レビュー
モバイルバッテリーを新調しました。 旅行用に、ANKERの20,100mAhのバッテリーを愛用しています。これはバッテリー容量の割に350gと軽い方ですが、普段使いには大きいのでかさばります。 普段使いには、...

狙い通り持ち運ぶには、何の苦もなく常時持ち運んでいます。ただ、運用には少々難ありだと感じています。

まず、バッテリー残量を確認する方法がありません。残量確認のLEDでもあれば随分使いやすくなります。もうひとつ、充電中にバッテリーが結構な熱を持つことがあります。これは、充電器が関係するかもしれませんが、最初の頃は心配で様子をみながら充電していたほです。

dodocool 5000mAhの特徴

これは、本体に充電ケーブルを格納して持ち運べるようになっています。また、これが取り外せてmicroUSBかLightningのどちらかで使えます。これ、なかなかのアイデアなので、USB Type-Cのケーブルも欲しいです。

DSC01601

このケーブルに加えて、Type AのUSBポートがひとつあるので2台に給電できます。

DSC01599

私の使い方であれば、出張に持ち出しているBOSE QC25とGalaxy S8+を同時に充電できることになり、非常に使い勝手の良いバッテリーです。ポートあたりの出力は1Aです。急速充電できる出力ではありませんが標準的です。

DSC01603

他、サイドボタンでバッテリー残量も確認できるので安心して使えます。

これらの使い分け方は?

これまでは、MOCREは普段使いLEVINは出張用として使い分ていました。

これ以上の利用シーンはないので、持ちこびに難を感じていたLEVINに変えて、dodocoolを出張用として使っています。

dodocoolは、薄いのでカバンのポケットにスルッと入って嵩張らないのと、2台を同時に充電できるので使い勝手は良くなりました。また、重量がdodocoolが122gでLEVINが135gなので少しだけ軽くなりました。

モバイルバッテリーは安価に購入できるようになったので、利用シーンに合わせて使い分けておいくと、持ち運びが苦になることがなく使い勝手がよくなります。まだ、実践されていない方は、試してみることをおすすめです。

この体制で問題があるとすれば、充電の手間が2倍になることです。

シェアする

関連記事一覧