豊岡鞄:4年使ったブリーフケースを買い替えました

公私ともに活躍しているブリーフケースを最近買い換えました。買い換えたのは、豊岡鞄でナイロン製のブリーフケースです。

2層ナイロンブリーフ-ヤマサキ商店|豊岡鞄 公式オンラインショップ - Artisan[アルチザン]
2層ナイロンブリーフ/豊岡鞄 公式オンラインショップ - Artisan[アルチザン]

豊岡鞄とは

豊岡鞄を詳しく知らない方に簡単すると、兵庫県豊岡市は鞄の生産地として千年の歴史をもっています。ここで生産されて販売されている鞄を「豊岡鞄」と称して販売しています。以下のサイトで詳しく解説されているので、興味がある方はアクセスしてください。

豊岡鞄オフィシャルサイト Official Website | 兵庫県鞄工業組合「豊岡鞄」地域ブランド委員会
豊岡市で作られた鞄は「豊岡産」「豊岡製」「日本製」などと呼ぶことができます。それら豊岡産の鞄の中から兵庫県鞄工業組合が定めた基準を満たす企業の優れた製品を「豊岡鞄」と認定します。

鞄の生産で長い歴史を持つ地域が近所にあるならば、ここで作られた鞄や財布を使うべきと考えて多くが豊岡製です。もうひとつ、作りが丁寧で価格がリーズナブルなところも魅力です。

買った鞄はリーピート

購入したのは、2013年に購入したブリーフケースの色違いです。冒頭の茶色の方がこれまで使っていたものです。

同じ物をもう一度購入することは滅多にないのですが、今までの鞄の使い勝手とデザインを超える物を見つけることができなかったので再購入しました。ただ、色だけは別にして「紺」を選択しました。

DSC01615
購入したブリーフケースは、4年前から作り続けられているロングセラーです。
新たに購入した物も4年程度使うと考えれば、8年同じ鞄を使うことになります。私は、飽き性で鞄も長く使うことはありませんが、この鞄だけは長く付き合っています。

長く付き合える理由

長期間使い続けられる理由を以下にあげておきます。

  • 適度なカジュアルさ
  • 使いやすいサイズ

適度なカジュアルさ

私は、フォーマルなデザインの鞄が好きではないので、カジュアルなデザインな物を選び、使われている素材も皮製を選ぶことが殆どのありません。

購入したブリーフケースは、ナイロン製ですがパッと見た感じはキャンバス製でざっとした風合いです。また、染めの色チョイスが絶妙で、カジュアル過ぎず仕事で使っていても浮くことはありません。プライベートで使っていてもフォーマルすぎないので、旅行へ行くときはPCを入れて持ち運ぶのに多く使っています。

DSC01611

また、造りが丁寧で、古い方の鞄は破れたり糸がほつれることもなかったです。買い換えた理由は型くずれが酷くなったからで、気にしなければまだ使えます。

使いやすいサイズ

ブリーフケースは、A4書類を少し余裕を持って収納できるサイズです。
このサイズなのでハンドルに加えて肩掛けのストラップがあるのと、スーツケースのハンドルに通すことができるキャリーオンに対応した背面ポケットがあり、さまざまな持ち運び方に対応します。

DSC01614

1Kgの軽さも魅力です。これには理由があって、鞄にフレームになる芯が入っていません。
かと言って簡単に型崩れしません。このブリーフケースは、フレームがないので柔らかさを感じるような見た目になっているので、これは特色と感じるべきです。

荷物を多く詰め込めば、型崩れするので使い方には注意が必要ですが、見た目が悪くなる以外は不自由はしません。

オススメですよ

他、収納が二つに別れているとか、内外にも大きめもポケットが複数あって、小物を入れて持ちやすいなど、使い勝手が良い部分もありますが、同じこような特徴を持つ鞄が多くあります。私は、先の2点をこの鞄にしかない魅力と感じて長く使っています。

今回、購入したブリーフケースの価格は、¥20,520(税込)です。
価格以上の価値はあり、見た目、使い勝手も良いのでオススメです。あと、これまで4年使っていて、同じも物を持っていた方を見かけたことがありません。メジャーな鞄だと、被って気まずい思いをすることがありますが、こんなこともありません。

記事をシェアする

YouTubeも見てみる!

あわせて読みたい