The New iPadがやってきました

発表当日に予約したので、第三世代のiPadが我が家にやってきました。
前評判通り、Retinaディスプレイは驚く程綺麗で、iPhone 4の画面を最初に見た時と同じ驚きで、もう元には戻ることができない程です。

意地悪な見方をすれば、これ以外は違いがよく分からないと言うことも出来ますが…にしても、iPadがディスプレイが端末の殆どを占める主要部品なので、Retinaディスプレイは大変インパクトのある進化です。

続きは、[more]をクリックして下さい。

ざっと触った感じでは、私が使って範囲で一番インパクトがあるのは「マップ」です。

これは、もう紙です。いや、それ以上かもしれません。すごいです。しかも、綺麗です。そんでもって、見易いです。

出来ることに違いは無いのですが、こうも印象が変わると思ってもみませんでした。

マップ同様に、いままで紙媒体で使っていて、デジタル化されたような物、例えば、電子書籍なんも、同じような驚きを受けるはずです。

写真なんかも、高精細になった分、これまでとは違った扱いが出来るのかもしれません。

この革命的なディスプレイですが、ifixitのバラし結果によれば、Samsung製なんですね。
シャープ製だと思い込んでいたので意外でした。最後になりましたが、頑張れニッポンだな。





記事をシェアする

あわせて読みたい