Xperia Z Ultraレビュー(8)

Xperia Z Ultraは、標準で日本語で対応しており、日本語入力アプリ、日本語フォントも標準で搭載されています。

最近のGALAXYは、日本語環境のロケールが入っていないので、SIMフリーのAndroidを購入する際に、きっちりと日本語に対応している端末が欲しいときは、ソニーを製品を選ぶと良いかもしれません。

さて、Xperia Z Ultraに搭載されている日本語入力アプリは、ソニーご自慢の「POBox」です。これは、システムアプリと同じ扱いになっており、アンインストールできません。

私は、ATOKを好んで使っているので、Xperia Z Ultraにも早々にATOKを入れようと考えていたのですが、AndroidのPOBoxを使うのは、はじめてだったので、ものは試しとATOKを使わずにPOBoxを使い続けています。

いまのところ、POBoxを使って、原稿を書くよう使い方はしていませんが、Facebookに投稿したり、GMailで簡単に返事を書く程度であれば満足できる仕上がりです。移行、数回に渡り、このPOBoxをご紹介していきます。





記事をシェアする

SNSでフォローする

あわせて読みたい