スマートウォッチ『MARTIAN VICTORY』レビュー(1)

Martian Watchをレビューする機会をメーカー様より頂いたので、ご紹介していきます。
あんまり、悪いことは書けないですよね(笑)

お借りしているのは、Martian Watchの『MARTIAN VICTORY』の黒です。

スマートウォッチ : マーシャンウォッチ・ヴィクトリー・ブラック (Martian Watches Victory Black)

まだ、ほとんど触っていませんが、簡単なインプレッションを。
私は、高価な腕時計を持っているワケではありませんが、腕時計は好きなので、まずは、このあたりの印象から。

時計としては、一番素晴らしい?

アクセサリーとしての腕時計としては、私がこれまで使ってきた、COOKOO Watch、WiMM Oneのいずれよりも優れています。

価格レンジも違うので、当然かもしれませんが、ケースなどは、時計らしい仕上げ(フェイスがメッキ、サイドがヘアライン)になっています。腕時計を造った経験がある方が関わっているのでしょうか。

試用しているのは黒ですが、シルバーの仕上げが気になると、もうひとつ上のクラスの「Martian Passport」も、どれくらいなのか気になります。

文字盤は、アナログ

腕時計の顔とも言える文字盤は、アナログです。
アナログ時計の魅力というか、面白みは、秒針にもあると思っているのですが、秒針が無いのが物足りないというか寂しい感じです。下半分は、LEDが占拠しているので、デザインが変則的です。私は、悪く無いと思いますが、好き・嫌いがハッキリと分かれるかもしれません。

IMG_0095

先でも書いたように、文字盤の40%くらいはLEDが占拠しています。
このせいで、視認性はイマイチかもしれません。これは、しばらく使ってみれば、分かると思うので、少し付けて使ってみた結果を改めて報告します。

ちなみに、このLEDですが、日本語もきっちり表示されます。
フォントは明朝です。時計のデザインに合わせたのかもしれませんが、解像度が低いのゴシックでも良いかなぁとも思います。

今日のところは、ひとまず、こんなところで。





記事をシェアする

SNSでフォローする

あわせて読みたい