”Herschel Supply”のMacBook用ケースがクラシカルなデザインでイイ!

仕事中、外出先で使うパソコンをMacBook Air 11(Mid 2011)からMacBook Pro 13 Retinaに変更しました。

Airは、外出先から会社のMacへリモートログインするターミナルでしたが、1週間のうち、良くて2日にしか会社に居ないので、利用環境を改めて、少々力のあるMacBook Proを持ち歩いて、すべて賄おうというワケです。ちなみに、MacBook Air 11は、3年使いました。1から2年で、Macを買い換えてしまうので軌跡とも言えます。

さて、私の場合、新しいマシンを手に入れた時の楽しみと言えば、ケース選びです。私は、必ずケースに入れて持ち歩くので、今回もMacBook Pro 13 Retina用にケースを購入しました。

新しいケースを紹介する前に、これまで使っていたケースをご紹介します。
MacBook Air 11″で使っていたケースは、Cote & Cielの『Laptop Diver Sleeve Air』というSleeveです。
これは、本体にフィットして綺麗に収めることができるのと、落ち着いたデザインで、金具を使わない構造などが気に入っていました。どれ程かと言えば、Airの前に使っていた、MacBook Pro 15″でも同製品を使っていたほどです。以前、ライフハッカーでも取り上げたことがありました。

ぴったりフィットで場所を取らないMacBook用インナーケース : ライフハッカー[日本版]

で、今回もCote & CielのSleeveを選んだかと言えば、選びませんでした。
不満は、まったくありませんが、もう少しカジュアルなケースでも良いかなぁと思ったのが理由です。

選んだのは、Herschel Supplyの『13インチ Anchor Sleeve for MacBook』です。
Herschel Supplyは、カナダで2009年に立ち上がったブランドのようです。NAVERまとめにもありました。購入先は、AppleStoreです。

カナダ発”Herschel Supply Co.(ハーシェルサプライ)”のリュックがお洒落♪ – NAVER まとめ

このSleeveを選んだ理由は「色」です。ここ数年、自分の中で青色がブームで、青いバッグを多く買っています。その流れで、これが目に止まったのがこれというワケです。

IMG_0409

青でも抑えめな色です。また、アクセントの赤も、抑えめの色合いです。いい歳のオッサンが持つには、少々カジュアル過ぎるかもしれませんが、まぁ、よしとしておきます。

ケースの表皮は布で、ざっくりした風合いです。使い込めば味が出てくるかもしれません。中は、起毛のフリース素材なので、油脂程度であれば、綺麗になるかもしれません。口を開封するファスナーは、プラスチック製で大きくて、革の引き手が付いています。

IMG_0411

IMG_0410

ケースの中のタブは、表に「Welcome to Herschel」、裏に「Enjoy Your Stay」と書かれている凝りようです。物は、中国製ですが、縫製は丁寧です。使い込んでいませんが、簡単に糸がほつれるようなトラブルはなさそうです。

IMG_0415

IMG_0414

さて、明日からは、新しいMacと新しいケースで、しばらくは気分よく過ごせそうです。





記事をシェアする

SNSでフォローする

あわせて読みたい