やっぱりキメラOSだった:VivoTab note 8にWindows 10をインストールしてみた(1)

VivoTab note 8に、Windows 10テクニカルプレビューをインストールしてみたので使用感をまとめておきます。

Windows 10もデスクトップ用とタブレット用のキメラOSです。同じキメラでもWindows 8のような形ではなくなりました。



新たにタブレットモードが追加された

タブレット向けに「タブレットモード」が追加されて、これを有効するとタブレットに特化した使い勝手になります。

私は所有していないので確認したワケではありませんが、Surfaceではキーボードを接続するとディスクトップモードになり、外すとタブレットモードになるようです。VivoTab note 8も、Bluetoothキーボードの接続でモード切替となって欲しいところですが、現状ではここまで気が効きません。

タブレットモードを有効にすると、ストアアプリのようにデスクトップアプリも全画面表示で実行されます。最小化はできるものの、ウインドウをリサイズできません。
デスクトップアプリは、デスクトップ環境内で動作しているように見えて、ストアアプリと区別されていたので、Windows 8よりも整理されて、分かりやすくなった印象です。ストアアプリが目論見どおり増えなかったための措置かもしれませんが、これだけでもWindows 10を使う価値は十分にあります。

ジェスチャー操作は、チャーム自体が廃止されたので無くなっています。
タスクスイッチのジェスチャーは残されていますが、UIは違うものになっています。また、アプリ終了のジェスチャーは、そのまま残されています。これは、タブレットでも使いやすかったので残って安心しました。

Windows 10は、デスクトップ回帰と報じられて登場して来たので、タブレットでの使い心地が気になっていましたが、想像したよりも使い易くて安心しています。

そこそこ、安定して動作していると感じていたのですが、バッテリー切れになった後で、充電後、使おうとしたら、再起動を繰り返すようになってしまいました。

仕方なくロールバックして、Windows 8に戻りました。あぁ…残念。





記事をシェアする

SNSでフォローする

あわせて読みたい