MacBook Proのディスプレイのコーティングが剥がれるのはよくある話なのか!

私が愛用しているMacBook Proも少し前に同じ現象が発生していることに気が付いて、なんだろうなぁと思っていたところ、Appleちゃんねるに同じ話題が投稿されていました。

投稿されているようなMacBook Proのように酷い状況ではありませんが、ディスプレイの右下のコーティングが剥がれているのを確認しています。ひとまず、見づらくなるようなことはないので放置していますが、見づらくなるようであれば、修理に出そうと思っています。

クルマのガラスコーティングもそうですが、数ミクロン程度のコーティングの皮膜なんて、日常利用でもいずれは剥がれてしまいます。本当に、コーティングが剥がれて、こうした状況を生んでいるのであれば、作り手は、MacBook Proの利用状況をよく把握していない結果のように思います。

反射を押さえるためか、良かれと思ってやっているのでしょうけど、長期の試験をしなくても想像すれば分かるレベルようにも思うので、想像力も欠如していますね。Appleエンジニアの皆さん優秀なんでしょうけど、こうしたプラスアルファの部分はセンスなのかもしれません。

以下のサイトで、署名活動が始まっているようなので、のっておくかな。

まだ、現象が発生していない場合は、スクリーンプロテクターを貼り付ければ回避できるのかもしれません。





記事をシェアする

SNSでフォローする

あわせて読みたい