Apple Watchでは、睡眠計測ができないよね…

Apple Watchでは、睡眠計測ができないよね…

最近は、Apple Watchに立てと言われれば椅子から立ち上がり、動けと言われれば体を動かしており、すっかりApple Watchの下僕になっています。

さて、昼の活動はApple Watchで記録できて大凡満足して使っています。
計測結果をiPhoneから出ないのがイマイチですが、まぁ、これは良しとしています。
夜は、充電しているので着けていませんが、Apple Watchには睡眠計測の機能がないので使いたくても使えません。

iOSアプリの「Sleep Cycle」がApple Watchに対応してくれると良いのですが、現状のSDKは、できることが限られるようなので先の話でしょうか。
WWDCで何か発表があれば、秋口には登場してくるとは思いますが。

睡眠計と言えば、Fitbit Chargeを持っているので、昼はApple Watch、夜はFitbit Chargeという使い分けをしています。
Fitbit Chargeは、薄くて軽く着け心地も良いので、寝ている時も邪魔にならず気に入っています。

Fitbit Chargeの計測結果はウェブサイトで結果が確認できるなど、使い勝手が良いのが特徴です。また、Fitbitのワイヤレス体重計も使っているので、iPhoneのヘルスケアと相互でデータ交換ができると良いのですが、Fitbitの方はHealth Kitに対応しないと言っているので、統合管理をするのは絶望的ですね。

Apple Watchは気に毎日着けていますが、やりたいこと全てが出来ているワケではないので、今後に期待ですね。

Appleカテゴリの最新記事