テザリングはBluetooth接続がオススメです。

記事をシェアする

Wi-Fiルーターを持ち歩くこともあるのですが、外出先の通信は、ほとんどiPhoneで済ませるか、キャリアのWi-Fi接続サービスを使っています。私は、auを使っているのでau Wi-Fiです。これは、私が利用するJALのラウンジでも使えますし、カフェでもエクセルシオールかTULLY’S、スターバックスなどで使えるので重宝しています。

こうした場所以外で通信する時は、iPhoneのテザリングを使うことになります。
iPhoneとは、Wi-Fi, USB, Bluetoothで接続することで、テザリングが可能になります。私は、Bluetooth接続でのテザリングを好んで使っています。

USB、Wi-Fi接続を使わない理由

好んで使う理由を説明する前に、他を何故使わないかご説明します。
USB接続は、Lightningケーブルを使う必要があります。普段が充電用に持ち歩いていますが、面倒なので使いません。次に、Wi-Fi接続ですが 人が集まる場所では、Wi-Fiの電波が沢山飛んでいて、混線することにあり使いものにならないことがあります。速度面から見れば、USBやWi-Fi接続が有利なんですが、使うのが面倒だったり使えないことがあるのは、ストレスが溜まるので使っていません。

Bluetooth接続は安全で簡単に使える

Bluetoothは、混線と無関係ですしケーブルを使う必要もありません。
また、点と点で接続するので、Wi-Fiのように、パスワードを知っていれば、誰でも接続できるようなモノではなく、セキュリティ的に安心して使えます。また、Wi-Fiと比較して、常にONにしていてもバッテリーに負担がかかることが無いのも好んで使う理由です。

iPhone 5Sを使い始めてから、Bluetooth接続のテザリング一本で使っていますが、トラブルらしいトラブルはなく、大変気持ちよく使えています。

WindowsのBluetoothテザリングは、接続まで手順が面倒ですが、Macの場合はメンツーバーからBluetoothアイコンをクリックして接続する機器を選択するだけなので、簡便な操作で使えます。Wi-Fiルーターには、どうしてBluetooth接続の手段が無いのか不思議に思っているほどで、商品を企画している方が見ているならば、是非とも搭載して欲しい機能です。

スマホのテザリングを多用している方、一度、Bluetooth接続を検討してみてはいかがでしょうか?





記事をシェアする

SNSでフォローする

あわせて読みたい