Mac版『StationTV Link』ファーストインプレッション

Mac版のStationTV Linkのライセンスを購入しました。
これは、DTCP-IPに対応したメディアプレイヤーアプリで、Macではnasneで録画した番組が見られる唯一のアプリです。

DTCP-IP対応 メディアプレーヤーアプリ StationTV® Link
レコーダーに溜まった録画番組をWindowsやMacで楽しめる DTCP-IP対応 メディアプレーヤーアプリ StationTV® Link

Mac版のライセンス購入は、Vector、Amazon.co.jp、DMM.com、ヨドバシ.comから選べるのですが、私は、良く利用するAmazon.co.jpで購入しました。

nasneで録画した番組は一覧で見ることもできますが、ジャンルごとに仕分けることもできます。放送中の番組もすべてのチャンネルを一覧で見ることもできますが、放送波ごとやジャンルごとに見ることができます。この手のアプリであれば一般的な使い勝手で、可もなく不可もなくと言った仕上がりです。

20150819_tvlink02



画質と安定性は?

購入を検討されている方は、アプリの安定性と画質が気になると思います。
私は、iMac 27-inch, Late 2012で使っています。これで、2時間映画を観ている最中に一時停止したり、Macがスリープするなどして、とぎれとぎれで映画を観ていましたがアプリが落ちるようなことはありません。録画番組を再生している分には、非常に安定して動作する印象です。唯一、nasneが録画中に放送中の番組を見ようとすると、アプリが落ちることを確認しています。

nasneで録画した番組をリビングのテレビで見ることがあるので、DR画質で録画しています。
DR画質での再生中は、コマ落ちが発生したりブロックノイズ、音飛びが発生することもなく、安定した画質で見ることができます。nasneをiMacと同じHUBに接続しているので、これが良い結果に繫がっている可能性はあります。

接続先のメディアサーバーは複数登録できます。nasneを複数台使っている方やHDDレコードーなども接続先として一元管理できます。

20150819_tvlink03

レジューム再生も可能

録画番組を見ている途中でアプリを終了しても、同じ番組を再生すれば途中から再生できます。これのお陰で、気合いを入れて2時間ドラマを観る必要がないので重宝しています。

ポイントを押さえたアプリ

StationTV Linkは、メディアプレイヤーアプリで、ポイントは押さえて開発されています。
おかずのような付加機能はなくシンプルな造りで好感は持てます。また、シンプルなだけに使い方もすぐに覚えることができるので、使うのに苦労すると言ったことはありません。

ただし、見終えた番組を削除する機能や番組を予約録画する機能など、Windows版の「PC TV with nasne」のように、nasneに特化した機能がないので、ウェブサービスの「CHAN-TORU」と併用することになります。こうした使い勝手が苦にならないのであれば、オススメのアプリです。





記事をシェアする

SNSでフォローする

あわせて読みたい