iPad Proを買わない理由を探しているワケではありませんが…

記事をシェアする

iPad Proを買わない理由を探しているワケではないのですが、iPad Proには3D Touchが搭載されてないんですね。

3D Touchは、タブレットに不必要?

3D Touchは、iPad mini 4にも搭載されていないので、タブレットには必要のない考えているのかもしれません。たとえば、iPad Proほど大きな画面があれば、3D Touchを用いたUIでなきても、広い画面を活かせば十分使えるものが造れるとも言えます。ただ、3D Touchは、モバイルデバイス向けUIの次のスタンダードになる可能性もあるので、iPad Proに搭載されているのは残念です。

最新技術を多くの人達に使ってほしいという想いがあるのかもしれませんが、最も数が出るiPhoneから投入してくるほどなので、余程の自身があるのでしょうね。

本当に使えるモノなんだろうか…

ガジェットではありませんが、ホンダでは自社の稼ぎ頭である「Fit 3」に、ホンダとって新しい技術を投入しています。これもApple同様に、最新技術を多くの人達に使ってほしいという想いがあっての判断だと想像しますが、技量に見合わないチャレンジをしたのか、これまで5回ものリコールが行っています。

Appleも同じ目に遭うのでは?と心配にはなりますが、3D Touchは、Apple Watchで実装済みの技術がベースなので、まったくの新規というワケではないので心配なさそうです。

その3D Touchで気になるのは、ソフトウエアの仕上がりです。
たとえば、Peekをタップと誤検知しないのかとか、普段から強めにタップ操作する人はPopと誤検知されないか等が気になります。設定画面が用意されていて調整の幅を持っているのかもしれませんが、早く試してみたいものです。

しかし、iPhoneのUIは随分複雑になりましたね。
ある程度の周期で、求められる物の水準が上がってくるものなので、仕方のないことかもしれません。3D Touchは、使い方を変えてしまう程の影響力を持つので、開発者側もセンスが問われますね。





記事をシェアする

SNSでフォローする

あわせて読みたい