『SwitchEasy CoverBuddy for iPad Pro』はペンホルダーが”肝”だった

記事をシェアする

SwitchEasy様よりレビューの機会を頂いた「SwitchEasy CoverBuddy for iPad Pro」を年末・年始の旅行で、みっちり使い込んだので印象をまとめておきます。

「SwitchEasy CoverBuddy for iPad Pro」に関する以前のエントリーは以下になるので、よろしければどうぞ。

ペンホルダーの使い心地は?:SwitchEasy CoverBuddy for iPad Proレビュー
気になる方が多いだろう、ペンホルダー部分の詳細です。 開封直後の印象は以下にまとめていますので、こちらも合わせてどうぞ。 CoverBuddyのペンホルダーは、左右のどちらかが塞がっているタイプではな...
SwitchEasy CoverBuddy for iPad Pro開封レビュー
SwitchEasy様から、iPad Pro用のカバー「CoverBuddy」をご提供頂いたのでレビューします。 私は、iPad Proをフルセット(Smart KeyboardとApple Pencilのセット)...

厚みが増すデメリットより、得られるメリットが大きい

「SwitchEasy CoverBuddy for iPad Pro」の厚みは1.5mmです。iPad Proは薄いのでカバー分だけ厚みが増し魅力をスポイルすることになりますが、それでも得られるメリットの方が大きかったです。

擦り傷防止は思惑通り

旅先では頻繁にカバンからiPad Proを出し入れしていましたが、カバー全体のシボが滑り留めになったので、手が滑って落としそうになることはありませんでした。また、カバーのおかげでカバンの金具で擦り傷が付くようなこともありませんでした。

ペンホルダーは、Appe Pencil収納場所だけはない

想像以上に良かったのが、Apple Pencilを収納するペンホルダーです。
iPad Proを持つときは、ちょうど良いグリップになるので、ここに指をかけて持ち上げてから持ち直していました。持ち直す理由は、力のかけ方によってはペンホルダーが外れるからです。これは、取り外して使えるようになっているためです。Apple Pencilを持たないユーザーのために、取り外しできるのはメリットですが、しっかりとしていればグリップとして使えるので一体型でも良かったかもしれません。

pgbbzqxniuywc5mc7bmm

ペンホルダーはスタンドの役割も持っています。これのおかげで、iPad Proを机に置くと3.5度の角度が付きます。たとえば、キーボードは少し角度が付いている方がタイプし易くなります。じ理屈で膝の上やホテルや飛行機のテーブルに置いて、iPad Proを使う場合に使いやすくなります。

uh3cwdri6upkoaawnieg

iPad Proの足りない部分を補ってくれるケース

SwitchEasy CoverBuddy for iPad Proは、iPad Proに不足している以下の三点を補ってくれるケースです。

  • Apple Pencilを一緒に持ち運べる
  • ペンホルダーのグリップになり持ち運び易くなる
  • ペンホルダーがスタンドになる

Apple Pencilホルダーは、事前に分かっていた話ですが、持ち運び易くなるのとスタンドになるのは、使い込んでみて良さを実感しました。Apple Pencilがなくても良さは変わらないので、iPad Pro用のケースを探している方にはオススメです。





記事をシェアする

SNSでフォローする

あわせて読みたい