【まとめ】PCやMacでも使える『Remix OS』ってなに?

マルチウインドウに拡張されたAndroid OS「Remix OS 2.0」が今月中旬には、PCやMacでも使えるようになります。

私はKickstarterで出資を募っていた「Remix mini」に出資しており、これに搭載されているRemix OS 2.0を体験しており、ブログのエントリーとしてまとめています。PCやMacで使えるようになったことで、Remix OSに注目が集まっているようなのでまとめページを作成しておきます。



Remix miniのレビュー

Androidベースの「Remix OS」を搭載したRemix Miniに出資しました
KICKSTARTERで出資を募っている「Remix Mini」に出資しました。 Remix miniとは、AndroidをカスタマイズしたRemix OSを搭載している手のひらサイズのPCです。 少...

まずは、Kickstarterで出資したエントリーからです。この類は、半年・1年の遅れは当たり前ですが、Remix miniは大きな遅れなく物が到着しました。たいしたものです。

開封レビュー:Android PC「Remix mini」
Kickstarterで出資していたRemix miniが到着したので、早速レビューしたいと思います。詳しい内容に進むまえに、Remix miniの説明をしておきます。 Remix miniを開発するJid...

次は、Remix miniの開封レビューです。低価格なので、ハードウエアはシンプルな構成ですが作りはよくて予想外でした。

Remix OS 2.0のレビュー

Remix OSレビュー(1):Android PC「Remix mini」
前回に続いて、Remix miniのレビューです。今回は、Remix OSに触れていきます。 Remix OSのベースになっているのは、Android 5.1です。これをJideがカスタマイズして、マルチウインドウ...

Remix OS 2.0のレビュー1回目です。UIはWindows 10を意識したデザインなので、多く人が説明なしに使えるのはずです。また、既存のアプリと互換性が高くて、Playストアが搭載されているのも特筆する部分です。

Remix OSレビュー(2):Android PC「Remix mini」
前回触れてなかったので、今回は日本語環境についても触れておきます。 日本語表示は問題ありません。 これは、Remix OSがAndroid 5.1をベースにしているお蔭で、設定アプリを起動して「言語と入力」で「日...

Remix OS 2.0のレビュー2回は日本語環境に関して書いています。
Android 5.1がベースになっており表示、入力供に問題ありません。日本語入力アプリは、Playストアから入手する必要がありますが、Google日本語入力がオススメです。日本語訳は、未翻訳の部分が残っていましたが、バージョンを重ねるために翻訳が進んでおり完成度が上がっています。

今後の動きに注目したい

一時期、雨後の竹の子ようにあったAndroidのカスタムROMは、最近は見かけなくなりました。残っているものは、完成度が非常に高くホビーではなくビジネスに乗せられたものばかりです。たとえば、小米のMUMIは、自社端末用以外でも使えますが、主に自社端末の差別化要因として使われていますね。

Remix OSの開発元である「Jide」は、PCやMac向けにRemix OSをリリースするので、ハードウェアを売るための要因とは考えていないようにも見えます。ただ、ハードウエアを失ったOSは、Windowsは例外として、x86版NeXTSTEPやx86版BeOSなど短命に終わっています。

今回のx86版のリリースは、Intel CPUを搭載したRemix Tabletに続く過程でのアウトプットだと良いのですが、今後の動向が気になります。

さて、個人的な興味としては、x86版のRemix OSは、古いPCを復活させるのに最適なOSとなりそうなのです。リリースされたらEeePC 1000Hにインストールして、どの程度の使い勝手なのか確認したいと考えています。





記事をシェアする

SNSでフォローする

あわせて読みたい