ソニー、ポータブル超短焦点プロジェクター『LSPX-P1』の実機で明るさを確認してきたよ

話題のポータブル超短焦点プロジェクター『LSPX-P1』をソニーストアで見て来ました

実機のLSPX-P1を確認もせずに衝動買いをしたのですが、調べてみると気になるところが出てきます。All Aboutのガイド記事を読むと、リビングシアター向けは1500ルーメン以上のプロジェクターが必要になると書かれています。

プロジェクターの選び方!ホームシアターにおすすめ
プロジェクターの選び方は、近年の性能性の向上と低価格化が進みより悩ましいもになってきました。自宅にいながら、映画も音楽も臨場感たっぷりで楽しめるうえ映画館のような大画面をかなえてくれるプロジェクター。しかし、一般にはまだ馴染みが薄いのも事実です。今回は、プロジェクターの選び方を現在のトレンドや機能の解説を加えてご紹介し...

LSPX-P1のスペックを確認すると、明るさは100ルーメンです。なんとケタがひとつ違います。これは、ソニーによくあるパターンで、初物はババを引くパターンかもと…心配になってきました。ダメと決めつけるまえに、自分の目で確認してみないと思いソニーストアへ出かけました。



明るさの確認

明るさを確認したのは明るい場所と少し暗い場所です。残念ながら、暗い場所の映像が確認できませんでした。さて、論より証拠をご確認ください。

明るい場所での確認

ショールーム入り口の明るい場所に設置されていたLSPX-P1です。

New photo added to "All Photos"

液晶テレビのようにクッキリした映像とは言えませんが、内容は十分確認できます。LSPX-P1の機能にある天気や時刻を表示する程度であれば、十分内容は確認できます。設置場所に1日光がよく入るリビングを想定されているのであれば、カーテンを引いて暗い部屋にする必要がありそうです。

少し暗い場所での確認

もう一台は、入り口裏側の少し暗い場所に設置してありました。

New photo added to "All Photos"

この場所でも他からの光はありますが、先の場所よりは少し暗い場所です。

ここで確認できる映像は、シャープで色鮮やかな映像です。自宅のリビングは、少し暗めなので十分な映像で楽しめそうな印象を持てました。ただ、画質を求めるのであれば液晶テレビを選ぶ方が良さそうです。

説明してくれた方に、他の映像への切り替えをお願いしたのですが、残念ながらスマホとの連携がうまく動作していないのか別の映像を見ることはできませんでした。設置距離や向きを変えてもらったところ、フォーカスの自動調整機能はスムーズに動作することが確認できました。

ちなみに、専用スタンドを使って、時計を映し出しているのはこんな感じです。

New photo added to "All Photos"

動作音の確認

もうひとつリビングに設置するのに気になっていたので、動作音でした。
すぐ横にはLSPX-S1があり爆音ではないにしろ音楽が再生されている状態での確認です。

New photo added to "All Photos"

ショールームがオープンしてから2時間後くらいなので、間違いなく数時間は動作しているはずですが、プロジェクターでよく耳にする、あの冷却ファンの音が耳まで届くことはありませんでした。

内蔵スピーカーの音質

内蔵しているスピーカーの音も確認したかったのですが、これも連携アプリがうまく動作せずで確認できませんでした。モノラルスピーカーで、正直は音は良くないと説明されました。2W+2Wのスピーカーなので、Bluetoothで接続する小型のスピーカー程度の音質なのかもしれません。

以下をみると、Bluetoothスピーカーへの音声出力はできないようです。

LSPX-P1 特長 : 購入前のチェックポイント | ビデオプロジェクター | ソニー
ソニー ビデオプロジェクター 公式ウェブサイト。ビデオプロジェクターLSPX-P1の商品ページ。LSPX-P1の特長をご紹介いたします。

ただ、ワイヤレスHDMIユニットには、HDMI出力がひとつあるので、以下のようなスピーカーを繫ぐのが良いのかもしれません。

HT-XT100 | サウンドバー/ホームシアターシステム | ソニー
ソニー サウンドバー/ホームシアターシステム 公式ウェブサイト。サウンドバー/ホームシアターシステムHT-XT100の商品ページです。

自宅のリビングには、SPDIF端子を備えたスピーカーを設置しているので、以下のようなHDMI → SPDIFに変換する機器を使うのが良いのかもしれません。このあたりは、いちど使ってみてからですね。

リビングで使うイメージできた

実機を体験できたことで、自宅のリビングへの設置して使っているイメージは持てました。
LSPX-P1は、生活に変化を与えてくれるソニーらしい製品です。実物を見て欲しいという気持ちがより強くなりました。

説明員によれば予約販売は好調なようで、いま注文しても発売日にお届けできるか分からないとの説明でした。ウチは、発売日に届くのだろうか。





記事をシェアする

SNSでフォローする

あわせて読みたい