5.5インチの小型Windows PC『GPD WIN』が気になる

Indiegogoで気になるプロジェクトが出資を募っています。
最近見かけなくなったHandheld PCです。もう少しいま風の呼び方をするならば、UMPCとでも言うのでしょうか。搭載OSはWindows 10です。

A Laptop Fitting in Your Pocket | Indiegogo

メインは、ゲーム用途なのかD-PadとABXYボタン、ジョイステックがあり、QWERTYキーボードも搭載されています。

小型PCとしても使えそう

GPD WINのスペックは、CPUがIntel Atom X5 Z8500、メモリが4GB、ストレージは64GB、ディスプレイは5.5インチの1280 x 720、ステレオスピーカー、.11 b/g/n、Bluetooth 4.0、バッテリー容量は6000mAhとなっています。

ゲーム用PCとしてはCPUが貧弱なような気もしますが、小型PCとして使うには十分です。
メモリが4GB搭載されているのも頼もしい感じです。ディスプレイは、5.5インチで1280 x 720なので字が小さくて見えないかもしれません。

重さは300gで、サイズが15.5cm x 9.7cmです。サイズは、iPhone 6s Plusが15.8cm x 7.8cmなので近い大きさです。画面サイズもiPhone 6s Plusは5.5インチでGPD WINと同じなので、iPhone 6s Plusを見るとサイズ感をイメージしやすいと思います。

キーボードはQWERTY配列です。カーソルキーは十字に配置されています。
キーはボタンタイプのように見えるので、両手で端末を持って親指でポチポチとキー入力していく使い方になるのもかもしれません。

出資額は$299

出資額は$299USDで、いまのレートだと33,659円になります。出荷は2016年10月です。

このエントリーを書いている段階では、設定されたゴールの19%まで達成しています。びっくりする程の金額ではありませんが、Indiegogoで$300の出資は腰が退けます。ただ、面白そうなPCなので、もう少し様子をみたいと考えています。





記事をシェアする

あわせて読みたい