アップデートを続々公開:5.5インチの小型Windows PC『GPD WIN』

GPD WINの出資期限まであと5日です。気になる方はお早めに。

さて、GPD WINの開発は順調に進んでいるようで、キャンペーンページのアップデートにPCBボードやKBボードの画像が公開されています。

GPD WIN Intel Z8700 Win 10 OS Game Console
The World's First 5.5 Inch Handheld PC/Gaming Console Based on Windows 10 System. | Check out 'GPD WIN Intel Z8700 Win 10 OS Game Console' on Indiegogo.

私は、公開されたアップデートの情報を見ても見所が分からず、「ふーん」と見るだけですが、このようにマメに情報公開してくれると、開発が順調に進んでいることを伺い知ることができますし安心感に繫がります。



キーボードの配列がアップデート

さて、私はGPD WINをゲーム端末としてではなく、小型のキーボード付きクラムシェルPCとして使うことを考えています。よって、キーボードの仕上がりが気になっています。

キーボードですが、以前配列が公開されたのですがアップデートが行われています。新たに公開されたキー配列はこんな感じです。

具体的には、PgUp, PgDn, Home, EndがFnキーと矢印キーとの組み合わせで入力できるようになっています。アップデート前までは、入力する方法がありませんでした。

もうひとつ、Insert, Pauseが、キーボード右側にある2列5行の一番に下の2つに、これもFnキーとの組み合わせ入力できるようになっています。

今回のアップデートで、PCのキーボードに近づいたという感じです。これであれば、原稿書きやブログの更新にも使えそうな印象がしています。

ただし、キーボードは打鍵感なども重要なので、実際に使ってみないとわかりません。今回の情報だけで判断すれば期待ができそうです。欲を言えば暗い場所でも使えるように、キーボードにバックライトが付けば良いのですが、これは欲張り過ぎなのかもしれません。





記事をシェアする

SNSでフォローする

あわせて読みたい