いよいよ週明けが〆切です:5.5インチの小型Windows PC『GPD WIN』

Indiegogoで出資を募っているGPD WINですが、週明けの月曜日が最終日となるので、クラムシェル型の小型PCに興味があって、出資を迷っている方は最後の機会です。

GPD WIN Intel Z8700 Win 10 OS Game Console
The World's First 5.5 Inch Handheld PC/Gaming Console Based on Windows 10 System. | Check out 'GPD WIN Intel Z8700 Win 10 OS Game Console' on Indiegogo.

タブレット全盛で、クラムシェル型のPCはマニアックなジャンルのPCなので、キャンペーンが始まった頃は、なんとか目標額に達成するくらいだと考えていましたが、設定した目標額の460%の資金を得ています。

直近のアップデートでは、L/Rボタンのレンダリング画像や最終のキーボードやゲームパッドのレンダリング画像が公開されています。GPD WINの出荷は、今年の10月となっています。更新情報は、まめにキャンペーンページのUpdatesで公開されており、順調に進んでいるように見えるので10月には物が手元に到着するのかもしれません。

GPD WINの充電環境

充電環境を気にしてなかったのですが、アクセサリに「5V/2A American charger」とあるので、専用ACアダプタを使って充電するようです。USB Type-Cで充電できると充電器が使い回しできるので、汎用性がたかりますが、残念ながらそうではないようです。

とは言ってもスペックでは、オンラインビデオ再生で8時間とされているので、一度充電すれば1日は使えそうです。Windows端末といえ、このサイズになればガジェット扱いのでバッテリーの面倒をまめに見る必要がないのは嬉しいところです。

週明けで資金調達のフェーズが終わるので、出資者から見れば後は物が到達するのを待つばかりになりますが、作り手からすれば、まだまだこれからですね。期待しているので、良い物をできるだけ早く届けて欲しいです。





記事をシェアする

あわせて読みたい