マンガのためのKindleが登場!『Kindle Paperwhite 32GB マンガモデル』日本限定発売

なんで無いのかなー、あれば、欲しいなぁーと思っていた、マンガを読むために作れた「Kindle Paperwhite 32GB マンガモデル」が登場です。しかも、日本限定モデルです。

8倍のストレージを搭載し、ページめくりが3割速くなったマンガ向けKindleが日本限定発売
 アマゾンジャパンは、電子書籍端末Kindle Paperwhiteの日本限定モデル「Kindle Paperwhite 32GB マンガモデル」を発表した。現在予約注文を受け付けており、21日に発売予定。プライム会員価格は12,280円、非プライム会員は16,280円となる。



本体容量は32GBですよ

これまでもKindleでマンガは読めましたが、私はiPadのKindleを使っていました。
理由はKindleの本体容量が4GBで、マンガを10冊くらいダウンロードすると、これが空き容量を食いつぶしてしまうからです。

マンガを読む速度は小説とは比較にならならいくらいに早いので、これだけダウンロードしてあっても数時間で読み終える可能性があります。読み終えたら続きをダウンロードすれば良いのですが、外出先でWi-Fiの環境があれば良いのですが移動中などは制限を受けます。

マンガモデルの32GBは、こち亀ならば全200巻をダウンロードしておくことができるそうです。これだけダウンロードしておければ、太平洋を渡る10時間越えのフライトでも退屈することはなさそうです。

Amazon | Kindle Paperwhite マンガモデル- 電子書籍リーダー
Amazon.co.jpで最も売れている電子書籍リーダーKindle Paperwhiteに待望のマンガモデル登場。従来のKindle Paperwhiteの8倍、32GBのストレージを搭載。マンガなら約700冊、書籍なら数千冊を保存可能。マンガを思う存分お楽しみいただけます。

変わったのは本体容量だけではない

マンガモデルでは、ページめくりの速度も33%高速化されています。
Kindleでテンポの良いマンガを読んでいるととページ送りが遅く、機械のテンポで読み進めないといけないことがありストレスに感じることがあります。Kindle Paperwhite 32GB マンガモデルでは、これが解消されていることになります。これは大きな改良です。

iPadと比較して、ページ送りの速度がどの程度か気になるので、機会を見て評価機の貸出機を依頼してみようと考えています。

その他の違いは、Wi-Fiモデルのみの設定となっていますが、これは大きな問題にはならならいはずです。

欲しいかも

手持ちの初代Kindle Paperwhiteは、バッテリーがダメで使えないのでこの新モデルは気になります。

価格はキャンペーン情報付きのモデルが¥16,280です。
恒例のプライム会員限定で¥4,000オフになるクーポンコードがあるので、これを使うと¥12,280で購入できます。iPadで良いかなぁ…とか考えますが気になる存在です。





記事をシェアする

SNSでフォローする

あわせて読みたい