待ちに待った!GPD WINがやってきた!

Indiegogoで出資してから8カ月、待ちに待ってGPD WINが手元に届きました。

当初よりCPUが強化されました。中国向けには、Intel Z8750が搭載された端末があったようですが、量産版にはIntel Z8700が搭載されています。

レビュービデオをYouTubeに公開しています

なんだかんだで動画作成が面白くて、調子に乗ってレビュービデオを3本YouTubeに公開しました。

よろしければ観てください。また、モチベーションアップのために、チャンネル登録といいね評価もお願いします。

中華PCですが好印象ですよ

GPD WINは、ゲーム機なんですが肝腎のゲームは未だ試していません。マフィアIIIとかが動くのであればやってみますかねぇ。

さて、最近の中華PCで、ディスプレイが綺麗なんて評価をすると、よく分かっていないと言われそうですが、高精細はディスプレイは明るくて綺麗です。また、我が家にあるWindows PCでは、最速って事もありますが動作が快適に気持ち良く使えます。

端末にマウスが統合されているところも良い点です。これだけでWindowsの操作が完結できます。また、この類の端末は、Wi-Fiの感度がイマイチだったりしますが、いまのところそうした印象もありません。

ただ、一番の目的にだったポチポチキーボードは、長文を入力するのは難しいかもという印象です。これは、もう少し使ってから、改めてレビューします。

他、GPD WINにはファンが付いていますがスイッチで回す必要があります。
ただ、Atom CPU自体、ゲームでもしない限り発熱しないのでオフのままで使っていても、熱くて持てなくなると言ったことはありません。

1週間使ってみます

週末は、GPD WINを開封して、初期セットアップを済ませて、YouTubeに公開するビデオを作成するだけで終わってしまいました。

正直、あまり使い込めていないので、1週間使い込んでみるつもりです。ちょうど、1泊に出張も入っているので持ち出してみるつもりです。





記事をシェアする

あわせて読みたい