今週の気になったモノ(05/28 – 06/03)

今週気になった、PC・ガジェットからクルマ、カバンなどをメモ変わりに3つ程度ピックアップしてエントリーとしてまとめておきます。

今週は物欲が騒がなかったので、最近本体ソフトがアップデートされたLSPX-P1について触れます。(我が家では高かったのに、使えない気になるモノです)

単焦点プロジェクター LSPX-P1

発売直後に購入して、しばらくは使えていましたが、この1年くらいは使いたくても使えない状況です。というのもこれの操作がスマホのみで、Bluetoothで接続するのですが、本体ソフトが2.0になってからはほとんど接続できず、使えない状態でした。辛抱強く接続を繰り返していると接続が出来ることはありますが、これではコンテンツを観たい気持ちが萎えてしまいます。

何がどうなっているのか分かりませんが、この接続性の悪さは酷い状態で使い物になりません。

近年のソニーの製品は、コンセプトは素晴らしいものの詰めの甘いモノが多くあります。これもそうですが、Xperia Earも同じですね。

本体ソフトがアップデートで接続性が改善した

LSPX-P1の本体ソフトが5月29日にアップデートされて、Ver.3.1.14になりました。

本体アップデート情報 | ビデオプロジェクター | ソニー
ソニー ビデオプロジェクター公式ウェブサイト。「映画館」に迫る空間表現をご家庭で。製品情報・サポート情報などを公開。

アップデート内容に「その他、機能改善」とあるので、接続性が改善されたかもしれないと期待を胸にして、根気よく接続を繰り返して、1時間ほど粘ってようやくアップデートができました。スマホがLSPX-P1に接続できないので、何度か「いったい、どうしろと言うのか…」と文句を言いながら操作を繰り返していました。

アップデート後の接続性ですが、運用方法に注意すればVer.2.xの頃よりは格段に良くなっています。その運用方法とは、LSPX-P1と操作するスマホを1台に限ると、接続しやすくなるというものです。

LSPX-P1に接続して操作できるスマホは1台のみです。しかし、アプリは複数にインストールできます。これが厄介の元です。操作スマホを1台に限るのは、使っていないスマホが意図しないタイミングでLSPX-P1に接続するのが狙いです。この運用を実践してからは、すんなりと使えています。

これまで、スマホが近付いたらON、スマホが離れたらスタンバイの設定もうまく動作しない認識なので使っていませんでしたが、いま試している限りでは共にうまく動作しています。

LSPX-P1の接続性に悩んでいる方は、是非とも実践してください。また、他の環境でこの運用をした場合は、どのような状況か情報共有させてください。





記事をシェアする

あわせて読みたい