門司港へ遊びに行ってきたよ

仕事で北九州には何度も行っているのですが、8月最後の週末に門司港に遊びにいきました。ひさしぶりの旅行エントリーです。

海までダッシュで10秒という環境で育った私にとって、海辺の観光地には何の想いもなかったのですが、実際に古い街並みを残した港町を目にすると、見慣れた海や港とは違い新鮮でした。

門司港でも海や港が生活の一部なのは実家と変わりませんが、関門海峡の波間を抜けるタンカーやフェリーを見ると「わぁー」と声を出して、童心に戻る瞬間がありました。

やっぱり九州は美味しい

意外だったのは、食べ物が美味しかったことです。
観光地なので正直期待をしてなかったのですが、1日目の晩ご飯でお邪魔した「旬鮮味処 一心太助」は、和食が中心で美味しい魚と供に猿喰という門司の地酒をいただき、納得の晩ご飯でした。

P1000088

旬鮮味処一心太助 (門司港/寿司)
旬鮮味処一心太助 (門司港/寿司)★★★☆☆3.04 ■予算(夜):¥3,000~¥3,999

2日目の遅めのランチで入った「展望レストラン 陽のあたる場所」では、オレンジ風のオリーブオイルがかかった生ハム、そして、ピザを頂きこちらも大満足です。また、一緒に頂いた門司港ビールと樽生スパークリングワインも食事にぴったりでした。

展望レストラン 陽のあたる場所 (門司港/イタリアン)
展望レストラン 陽のあたる場所 (門司港/イタリアン)★★★☆☆3.30 ■門司港レトロの美しい夜景と共に、頂点に輝いた絶品焼きカレーを堪能する夢のようなひと時を。 ■予算(夜):¥2,000~¥2,999

港や街並みも素晴らしものでしたが、美味しく頂けた食事でおかげで、また、門司港に来ようと気持ちで大阪に戻ってきました。九州は、どこへ行っても食べ物が美味しいですね。

P1000099

VLOGも公開しているよ

旅行の数週間前にLUMIX G8を入手したので、持って出かけました。
この時は12-60mm/F3.5-5.6の標準ズームレンズを使いました。多くの動画は、画角の稼げる12mmで撮っています。

いつものごとく、YouTubeにVLOGを公開しているでの、よろしければご覧下さい。

まずは、1日の動画です。

一心太助は、少し暗めの店内でしたが明るい動画が撮れています。あと、港も夕日も綺麗です。

次に、2日の動画です。

動画の前半は曇、後半は晴れの状況で、カメラとレンズの能力がよく分かる条件でした。

動画は、面白ければチャンネル登録といいね評価もよろしくお願いします。

記事をシェアする

YouTubeも見てみる!

あわせて読みたい