iPhone、Apple Watch、AirPods3つ同時に充電の『elago Charging Hub』のレビューを書くよ

再びiPhoneに戻ってから、Apple WatchとAirPdosも使うようになったので、これらを同時に充電できるスタンドを探していて、elago Charging Hubを見つけた時は衝動買いしました。購入時の価格は、Amazonで¥3,990でした。

3-IN-1 CHARGING HUB
elago, a San Diego based company, has been creating awarding winning designs since 2002. "Simple Sophistication" has been their motto from the start and it acc...

充電スタンドを繰り返し使うと、スタントと端末が当たって傷が付くことがあります。これは、本体がシリコン製なので心配がありません。シリコン製だと重さがなくてスタンドとして安定しないと心配するかもしれませんが、本体は280gとズッシリと重いので机の上に置いても安定しています。

気に入ったのは機能面だけはなく、色も気に入っています。
elago Charging Hubは、ブラック、ダークグレー、インディゴ、クラッシックホワイトの4色展開です。最後のクラックホワイトは、名前からも分かるように、オールドMacの筐体の色で使われていたベージュと同じ色です。また、iPhoneスタンドには、helloも文字も書かれており、オールドファンの心をくすぐる演出です。

Charging Hub - Classic White
COMPATIBILITY: Works with all Apple Watch Series, Airpods, and iPhone X, 8, 8 Plus, 7, 7 Plus, 6S, 6S Plus, 6, 6 Plus, SE, 5, 5S, 5C DURABLE: Silicone mater...

iPhoneとAirPodsは縦置き、Apple Watchは横置きで充電します。Apple Watchは、ナイトスタンドモードになるので卓上時計にもなります。

スタンドは、どのiPhoneでも使える汎用品なので、iPhoneやApple Watchを買い換えても使い回せるところも魅力です。

純正ケーブルが必要

製品名にHubと付きますがスタンドのみで、純正のLightningケーブルとApple Watch用充電コネクターが必要です。このケーブルを本体セットして充電ハブとして使います。

多くのユーザーは、純正のケーブルを余分に持っているはずなので、これを活用することで価格を抑えるのは面白いアイデアです。

ケーブルがすっぽ抜ける

使ってみるとiPhoneを取り外す時に、つられてLightningケーブルがすっぽ抜けることがあります。これでは使いづらいので、何か対策がないかと探してみると、これを扱うアシストオンのページで、コネクタ周辺にマスキングテープを巻くと抜けづらくなると書かれていました。

試しみると、確かにつられてケーブルが抜けることが無くなったので、同じ現象の方は試してみる価値はあります。

DSC01884

マスキングテープを巻いて対策をしたLightningケーブル

もうひとつ、このスタンドを使うために、ケーブルを3本セットアップするので充電のためには3口のUSBポートが必要です。また、これだけのケーブル取りまとめると、結構な束になるので取り回りを考える必要があります。

DSC01882

気に入っていますよ

ケーブルすっぽ抜けがあるので、少々気を使って使う必要はありますが、専用の充電ドックを使うよりも場所を取らず充電できるので気に入って使っています。





記事をシェアする

あわせて読みたい