今週の気になったモノと買ったモノ(11/05 – 11/11)

今週気になったり買ったりした、PC・ガジェットからクルマ、カバンなどをメモ変わりに3つ程度ピックアップしてエントリーとしてまとめておきます。

ギンギラメッキ顔のクルマ達

最近、フロントにメッキパーツを多用しているクルマをよく見かけるようになりました。
私は良さが理解できないので、デザインする人、許可する人、そして、買う人の気持ちが理解できません。街ではよく見かけるので、売れているデザインになりますが、メッキがなければ良いと思えるものも多くあります。

このギンギラデザインを取り上げたコラムがあったので引用しておきます。

国産車お得意のギンギラメッキを変えたらデザインはいい感じになる!?(carview!) | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!
車社会にまつわるモロモロのため、わたしの血圧は今日もまた微上昇を記録した。前回こちらで書かせていただいた「昭和的デラックスの亡霊」とも関連するのだが、国産車のフロントマスクにおける「安易なメッキパーツの多用」が腹立たしいというか、「惜しい!」と歯ぎしりしてしま...

売れているクルマには、ギンギラデザインも多いので、このコラムはウケないかもしれませんが、よくぞ書いてくれましたと賞賛する人もいると言うことで。

ボヘミンアン・ラプソディー

キャストの容姿が似ていることが話題になっていますが、内容はもう一度観に行きたいくらいサイコーでした。映画後半、LIVE AIDのWe Are the Championsが唄われるシーンは、苦悩するフレディ・マーキュリーのシーンが続く前振りが、歌詞の内容にマッチして格好良すぎでした。

映画『ボヘミアン・ラプソディ』公式サイト 大ヒット上映中!
伝説のバンド、Queen。地上で最も愛されたエンターテイナー、フレディ・マーキュリーの物語がついに明かされる。

少しでも興味があるならば、エンターテインメントとしても面白いので観て損はないです。ファンは、映画のサントラを事前に聴いて、テンションフルマックスで劇場に向かってください。私は、この状態でした。

日本が失った天才、金子勇の光と影

Winnyの作者である金子さんを取り上げたWIREDの記事です。

日本が失った天才、金子勇の光と影|WIRED.jp
とあるソフトウェアエンジニアが42歳という若さでこの世を去り、5年が経とうとしている。31歳でブロックチェーンの先駆けたるP2P技術を

当時をリアルに知っていますが、一生懸命追っていたワケではありません。ただ、悪用する人よりも造った人の方が悪いと扱われることにには、当時疑問に感じていました。記事で書かれているような動きがあることは知らなかったので、興味深い内容でした。





記事をシェアする

あわせて読みたい